辞典
新刊

岩波 新漢語辞典 第三版

日本語のための漢字の辞典の最新版.常用漢字表の改定を反映し,人名・地名に用いる国字もより充実.

岩波 新漢語辞典 第三版
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 山口 明穂 , 竹田 晃
ジャンル 書籍 > 辞典
日本十進分類 > 語学
刊行日 2014/01/29
ISBN 9784000803168
Cコード 0581
体裁 B6 ・ 上製 ・ 1742頁
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
日本語のための漢字の辞典として定評ある『岩波新漢語辞典』の最新版.常用漢字表の改定,人名用漢字の増補などを反映し,新加親字800,新加熟語3800.漢字本来の字義解説に加え日本での漢字・漢字語の説明に重点を置き,人名・地名に用いる国字も更に充実.漢文の句法,故事成語の説明も豊富で,学習にも最適です.

-

 『岩波 新漢語辞典』は,日本での漢字・漢語の意味・用法を説明することに重点を置いています.古来,中国から伝わった漢語だけでなく,日本語固有の和語も漢字で書くことが多く,また和語の「かえりごと」「ものさわがしい」に当てた漢字を音読みして「返事」や「物騒」として定着した語などもあります.漢字のなかでも,日本でよく使う異体字の「堺」や「聟」などがあり,さらには地名・人名にしか用いられない国字もあります.日本語の表記に漢字は欠かせない存在であると同時に,ひらがな・カタカナのほかに漢字を使うという表記の多様性は,語感や表現の多様性にもつながっているのかもしれません.
 『岩波 新漢語辞典』は漢字本来の意味はもちろん,漢文の句法,故事成語の説明も充実しています.常用漢字表の改定,人名用漢字の増補,表外漢字字体表に基づく漢字情報も盛り込んで改訂した第三版を,学習や日常生活の中で,お使いいただければ幸いです.
ページトップへ戻る