イスラーム原典叢書

ジャポンヤ

イブラヒムの明治日本探訪記

一九〇九年に来日したロシア出身のムスリムによる,ユニークな見聞記.日本側の関連資料も多数併載.

ジャポンヤ
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 アブデュルレシト・イブラヒム , 小松 香織 , 小松 久男
ジャンル 書籍 > 単行本 > 宗教
シリーズ イスラーム原典叢書
刊行日 2013/07/24
ISBN 9784000284189
Cコード 3314
体裁 A5 ・ 上製 ・ 函入 ・ 540頁
定価 本体9,400円+税
在庫 在庫あり
ロシア出身のムスリムである著者は,ユーラシア大旅行の途次,1909年に日本を訪問した.伊藤博文・大隈重信らとの交流や,学校・協会・監獄から漢字擁護論・「仁丹」広告にいたる様々な見聞の記録は極めてユニークで,イスラーム世界の日本観に大きな影響を与えた.日本側の関連資料を多数併載し,明治日本のイスラーム認識も浮かび上がらせる.

書評情報

歴史学研究 第916号(2014年3月)
ページトップへ戻る