電子書籍対応
岩波データサイエンス

岩波データサイエンス Vol.1

特集:ベイズ推論とMCMCのフリーソフト

岩波データサイエンス Vol.1
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 岩波データサイエンス刊行委員会
ジャンル 書籍 > 自然科学書 > 情報科学・統計学
シリーズ 岩波データサイエンス
刊行日 2015/10/07
ISBN 9784000298513
Cコード 3340
体裁 A5 ・ 並製 ・ 160頁
在庫 在庫あり
Vol.1 特集「ベイズ推論とMCMCのフリーソフト」データ分析において必須の道具となりつつある階層ベイズの枠組み,それを支える MCMC(マルコフ 連鎖モンテカルロ法)をベースとしたフリーソフトについて,基礎から最新情報までを伝える.[刊行委員会メンバー]伊庭幸人・麻生英樹・久保拓弥・松浦健太郎・尾崎 隆・中谷秀洋・高柳慎一・北島顕正・斉藤 稔・西垣林太郎・立森久照

-

岩波データサイエンス(第Ⅰ期,全6巻)
岩波データサイエンス刊行委員会〈編〉
A5判,ムック版,平均144ページ,
定価1500円(本体1389円)


特徴


●統計科学・機械学習・データマイニングなど,多様なデータをどう解析するかの手法がいま大注目.この分野のプロアマを問わず,読んで必ず役立つ情報を提供するシリーズです.

●A5判型のムックスタイル.編集も,各巻ごとに「特集」や「連載」を選び,雑誌的な機動力を活かした編集方針を採用します.一息入れるためのパズルや小説のコーナーもあります.

●刊行委員会メンバー
伊庭幸人(統計数理研究所)・麻生英樹(産業技術総合研究所)・久保拓弥(北海道大学)・松浦健太郎(データサイエンティスト)・尾崎隆(データサイエンティスト)・中谷秀洋(サイボウズ・ラボ(株))・高柳慎一((株)リクルートコミュニケーションズ)・北島顕正(国立国会図書館)・斉藤稔(東京大学総合文化研究科)・西垣林太郎(ミュージシャン)・立森久照(国立精神・神経医療研究センター)


編集代表の伊庭氏は,岩波書店から『ベイズ統計と統計物理』(講座 物理の世界)や『計算統計Ⅱ』(共著,統計科学のフロンティア12)などの定評のある本を出版.同じく編集代表の麻生氏も,岩波書店から『パターン認識と学習の統計学』(共著,統計科学のフロンティア6)を出版されています.現在は,産総研の人工知能研究センターの機械学習研究チームの代表です.また,メンバーのひとり久保氏は,通称〈みどり本〉と称される『データ解析のための統計モデリング入門』(岩波書店)の著者です.〈みどり本〉は,統計モデリングを文系の人でも理解できるように書かれた本として,全国各地の勉強会のテキストになっています.



刊行委員会ウェブサイト

刊行委員会のメンバーが運営するウェブサイトも注目です.本では伝えられない動画や,内容をさらに深く知る上でのサポート情報も満載です.

https://sites.google.com/site/iwanamidatascience/


各巻の主な内容


●第1巻(Vol.1)  »書誌データへ

データ分析において必須の道具となりつつある階層ベイズの枠組み,それを支える MCMC(マルコフ 連鎖モンテカルロ法)をベースとしたフリーソフトについて,基礎から最新情報までを伝える.

【特集】ベイズ推論とMCMCのフリーソフト


●第2巻(Vol.2)  »書誌データへ

ことばをコンピュータで扱う自然言語処理は人工知能の側面も持ち,ネットワーク上の電子的言語データの増大に伴ってめざましい発展を見せている.機械翻訳からロボティクスに至るまで,その適用範囲は幅広い.第2巻では,謎に満ちたこの分野の最新技術について解説し,その可能性と,何が真の問題であるかについて探る.

【特集】統計的自然言語処理――ことばを扱う機械


●第3巻(Vol.3)  »書誌データへ

観察データ,とくに再現不可能な現実データからいかに因果関係を読みとるか.サイエンティストに必須でかつ市民の教養としても基本となる「因果の方向」「交絡」「介入」に関する入門解説から,すぐに役立つ解析手法までを紹介.

【特集】因果推論――実世界のデータから因果を読む
【特集】ベイズ推論とMCMCのフリーソフト
 解説記事
  ・ベイズ統計超速習(伊庭幸人)
  ・階層ベイズ最初の一歩――JAGSを使って(久保拓弥)
  ・時系列・空間データのモデリング(伊東宏樹)
  ・Stan入門――次世代のベイジアンモデリングツール(松浦健太郎)
  ・PythonのMCMCライブラリPyMC(渡辺祥則)
  ・時間・空間を含むベイズモデルのいろいろな表現形式(伊庭幸人)
 コラム(伊庭・松浦・高柳)
  ・2ページで分かるMCMCの秘密
  ・MCMCソフトを使う前に――一般的な準備から統計モデリングまで
  ・Pythonとは
  ・MCMCソフトウェアの比較
  ・赤池スクールとベイズ統計――1980年代の統計数理研究所
【話題】
  ・脳とディープニューラルネットワーク――視覚情報の復号化(林隆介)
  ・林隆介氏インタビュー(聞き手:伊庭幸人・麻生英樹)
【連載】など
  ・確率と論理を融合した確率モデリングへの道(第1回)(佐藤泰介・麻生英樹)
  ・計算機で作る面白いナンプレ(とん)
  ・掌編小説《海に溺れて》(円城塔)

電子書籍

価格は各電子書籍書店にてご確認ください

ページトップへ戻る