自由への問い 6

労働

働くことの自由と制度

労働と自由はどう接続するのか.両者の関係が不透明さを増す日本の状況を,制度と現場の両面から考察.

労働
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 佐藤 俊樹 編集
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
書籍 > シリーズ・講座・全集
シリーズ 自由への問い
刊行日 2010/04/27
ISBN 9784000283564
Cコード 0336
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 246頁
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
労働と自由は,それぞれ近代以降の社会を支える最も基幹的なしくみだが,二つをどう接続するかは曖昧にされてきた.日本では正社員体制が解体し,両者の関係はいっそう見通しにくくなっている.私たちの生活に大きく影響する,働くことと自由の複雑なからまりあいを,制度のあり方と労働現場の姿の両面から照らし出す.
ページトップへ戻る