自由への問い 8

生存・生き方・生命

生きることはどこまで自由か.生存の条件,個人の生き方,生命の操作という三つの視座から考える.

生
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 加藤 秀一 編集
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
書籍 > シリーズ・講座・全集
シリーズ 自由への問い
刊行日 2010/07/23
ISBN 9784000283588
Cコード 0336
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 252頁
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
生きることは不自由だが,それはなぜかを問えることにこそ「自由」も宿る.本書は,人間の「生」のそんな限界と可能性を,次の三つの視座から照射する.一,すべての人間がともかく健康に「生存」するための条件.二,制度やシステムではなく個人の「生き方」に焦点化した自由論.三,人間の「生命」の管理・操作・収奪の問い直し.他の巻の全ての論考にななめから切り込む考察.
ページトップへ戻る