哲学の起源

古代イオニアに実現していたイソノミア(無支配)を記憶し保持するものとしてイオニア自然哲学を読み直す.

哲学の起源
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 柄谷 行人
ジャンル 書籍 > 単行本 > 哲学
刊行日 2012/11/16
ISBN 9784000240406
Cコード 0010
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 258頁
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
アテネのデモクラシーは,自由ゆえに平等であった古代イオニアのイソノミア(無支配)の成功しなかった再建の企てであった.滅びゆくイソノミアを記憶し保持するものとしてイオニアの自然哲学を読み直し,アテネ中心に形成されたデモクラシーの神話を解体する.『世界史の構造』を経て初めてなった政治的想像力のみずみずしい刷新.

■編集部からのメッセージ


■ 編集者からのメッセージ


 デモクラシーは,今のところ最もましな政治体制と思われています.しかしそれが今や多くの欠陥を露呈していることも事実です.

 デモクラシー発祥の地と言われる古代のアテネにおいて,実はこの政治体制は,それ以前の古代イオニア社会に実現していたイソノミア(無支配)を,階級分化の進んだアテネ社会のなかで回復しようとする企てだったと,著者は大胆にも言います.この試みは結局うまくいかなかったのですが,デモクラシーの根源に,デモクラシーを超えるもっと自由で平等な社会の記憶が宿っているというこの洞察は,人間社会の秩序としてデモクラシーを最終的なものと思い込んでいる(だろう)私たちの貧しい政治的想像力を,激しく揺さぶり,みずみずしく蘇らせる力があります.

 愛や慈悲を説いて,差別や不平等を克服しようとした普遍宗教の登場するはるか以前に,自由であるがゆえに平等な人類社会があったこと,そしてそれが,普遍宗教も含めて後代にさまざまな形態をとりながら繰り返し(強迫的にすら)立ち現われてくるという考察は,網野善彦氏の「無縁・公界・楽」の世界にも通じる鮮烈なヴィジョンです.

 これを著者は交換様式Dの出現ととらえるわけですが,その再出現の世界史上何度目かのものが今まさに到来していると,著者は考えているようにも思えます.この瞬間を逃さず,それを新たな社会構想へと結晶させること,それが現代の喫緊の,そして最重要の思想の課題であり,また本書の究極的な狙いでもあるのではないかと,ひそかに考えている次第です.

■ 目次


はじめに


序 論

1 普遍宗教

2 倫理的預言者

3 模範的預言者


第一章 イオニアの社会と思想

1 アテネとイオニア

2 イソノミアとデモクラシー

3 アテネのデモクラシー

4 国家と民主主義

5 植民とイソノミア

6 アイスランドと北アメリカ

7 イソノミアと評議会


第二章 イオニア自然哲学の背景

1 自然哲学と倫理

2 ヒポクラテス

3 ヘロドトス

4 ホメロス

5 ヘシオドス


第三章 イオニア自然哲学の特質

1 宗教批判

2 運動する物質

3 制作と生成


第四章 イオニア没落後の思想

1 ピタゴラス

a 輪廻の観念  b 二重世界 c 数学と音楽

2 ヘラクレイトス

a 反 民 衆 的  b 反ピタゴラス

3 パルメニデス

a ヘラクレイトスとパルメニデス b ピタゴラス批判  c 間接証明

4 エレア派以後

a エンペドクレス  b 原子論 c ポリスからコスモポリスへ


第五章 アテネ帝国とソクラテス

1 アテネ帝国と民主政

2 ソフィストと弁論の支配

3 ソクラテスの裁判

4 ソクラテスの謎

5 ダイモン

6 ソクラテスの問答法

7 プラトンとピタゴラス

8 哲人王

9 イソノミアと哲人王




附録 『世界史の構造』から『哲学の起源』へ

地図

古代ギリシア史年表

思想家年表
■ 著者略歴
柄谷行人(からたに こうじん)
1941年生まれ.評論家.
著作としては,『定本 柄谷行人集』(全5巻,岩波書店),Transcritique: On Kant and Marx(The MIT Press),『世界共和国へ――資本=ネーション=国家を超えて』(岩波新書),『世界史の構造』(岩波書店)など多数ある.

書評情報

京都新聞(朝刊) 2013年2月28日
書評空間 2013年2月3日掲載
文學界 2013年2月号
朝日新聞(夕刊) 2013年1月15日
東京新聞(夕刊) 2013年1月7日

受賞情報

紀伊國屋じんぶん大賞2012 大賞
ページトップへ戻る