単行本

労働は神聖なり,結合は勢力なり

高野房太郎とその時代

労働組合,生協運動先駆者の波瀾万丈の生涯を描く初の本格的評伝.日本労働運動の通説をくつがえす.

労働は神聖なり,結合は勢力なり
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 二村 一夫
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
刊行日 2008/09/25
ISBN 9784000025935
Cコード 0036
体裁 四六 ・ 上製 ・ 322頁
在庫 在庫あり
労働組合,生協運動の先駆者の生涯を,生い立ちから在米時代,運動家時代,運動離脱後まで描いた初の本格的評伝.実業家を志しながら運動家となった高野房太郎(1869-1904)を巡るさまざまな謎を解き,黎明期日本労働運動史の真実を明らかにする.オンライン版『二村一夫著作集』の連載をもとにした書き下ろし.図版多数.

書評情報

大原社会問題研究所雑誌 No.607(2009年5月)
図書新聞 2009年1月1日号

受賞情報

第23回沖永賞
第15回社会政策学会学術賞(2008年)
ページトップへ戻る