デザインのデザイン

「デザイン」と聞いて,いま貴方が想像したもの――それはデザインではない.これがデザインです.

デザインのデザイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 原 研哉
ジャンル 書籍 > 単行本 > 芸術
刊行日 2003/10/21
ISBN 9784000240055
Cコード 0070
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 224頁
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
私たちの生活のいたるところで,デザインは息づいている.その囁きに,ちょっと立ち止まって耳を傾けてみよう.そこには,柔らかな感受性から生まれた生活への新しい提案と,未来への可能性が託されている.いま,なぜデザインか.世界の第一線に立つ著者がこれまでのデザイン観を一新する,斬新な発想転換のすすめ.

■著者からのメッセージ

デザインが囁く,斬新な発想転換のすすめ
 デザインではないものが「デザイン」と呼ばれている.似ているものがそう呼ばれるなら仕方ないが,その本質とは逆のものが「デザイン」と呼ばれはじめると心穏やかではない.変わった形の家電製品が「デザイン家電」と呼ばれ,醜い姿の家具が「デザイン家具」と呼ばれる.奇怪なインテリア空間を持つ「デザイナーズホテル」が雑誌の特集になる.
 デザインとはものを作る技術ではない.デザインはものの本質に静かに手を伸ばす試みである.時代が経済やテクノロジーをたずさえて前に進もうとするとき,繊細な感受性や美意識が犠牲になる.その悲鳴に耳を澄ます技術がデザインである.表層の派手さとは程遠く,そこに関与しているとは気づかれない程に密やかに,精密に,そしてそれゆえに強力に機能するのがデザインである.当初は「それはデザインではない」という書名にしようとしたが,たしなめられてこの書名になった.


■推薦のことば

幾つもの発見がある1冊
デザインについて語れる人ならば,各界にあまた存在するだろうが,デザインのデザインについて語れる人は,現在,原研哉をおいて他にあるまい.彼は,彼が書くべき本をついに書いたのだ.

―――――――原田宗典(作家)



デザインをわかりたい人達へ
「デザインが大切だ,大切だ」と異口同音に言っている人達へ,「わたしはデザインがわかってる」と思っている人達へ,そして「デザインていったいなんなんだ」と真剣に頭を抱えている人達へ.そんな人達はこの本を読めばいい.

―――――――深澤直人(プロダクトデザイナー)
まえがき


第1章 デザインとは何か
  悲鳴に耳を澄ます/デザインの発生/デザインの統合/20世紀後半のデザイン/規格・大量生産/スタイルチェンジとアイデンティティ/思想とブランド/ポストモダンという諧謔/コンピュータ・テクノロジーとデザイン/モダニズムのその先へ


第2章 リ・デザイン――日常の21世紀
  日常を未知化する/アートとデザイン/リ・デザイン展/坂茂とトイレットペーパー/佐藤雅彦と出入国スタンプ/隈研吾とゴキブリホイホイ/面出薫とマッチ/津村耕佑とおむつ/深澤直人とティーバッグ/世界を巡回するリ・デザイン展


第3章 情報の建築という考え方
  感覚のフィールド/情報の建築/長野オリンピック開会式プログラム/病院のサイン計画/松屋銀座リニューアルプロジェクト/情報の彫刻としての書籍


第4章 なにもないがすべてがある
  田中一光から渡されたもの/無印良品の起源と課題/「が」ではなく「で」/WORLD MUJI/EMPTINESS/地平線にロゴを置く/ロケーション――地平線を探して


第5章 欲望のエデュケーション
  デザインの行方/企業の価値観の変貌/集約されるメーカーの機能/マーケットを精密に「スキャン」する/欲望のエデュケーション/日本人の生活環境/日本という畑の土壌を肥やす/デザインの大局


第6章 日本にいる私
  日本をもう少し知りたい/『陰翳礼讃』はデザインの花伝書である/成熟した文化の再創造/自然がもたらすものを待つ――「雅叙苑」と「天空の森」/世界の目で日本の上質を捉え直す――「小布施堂」/何もないことの意味を掘り下げる――「無何有」/たたずまいは吸引力を生む資源である


第7章 あったかもしれない万博
  初期構想と「自然の叡智」/エコロジーに対する日本の潜在力/森の中に何があったのか/デザインのパースペクティブ/身近な自然や生命をキャラクターに/自己増殖するメディア/終わらないプロジェクト


第8章 デザインの領域を再配置する
  世界グラフィックデザイン会議/デザイン知の覚醒/デザインと情報/情報の美へ/生命科学と美/情報とデザインをめぐる3つの概念/VISUALOGUE/徒歩で再び歩き出す世代に


あとがき
原 研哉(はら けんや)
1958年生まれ.グラフィックデザイナー.日本デザインセンター代表.武蔵野美術大学教授.
デザインの領域を広くとらえて多方面にわたるコミュニケーションプロジェクトに携わる.長野オリンピックの開・閉会式プログラムや,2005年愛知万博のプロモーションにおいては,日本文化に深く根をおろすデザインを展開.商品デザインでは,ニッカウイスキー,AGFをはじめ,日本各地の酒と米の仕事を手掛けている.また,松屋銀座リニューアル計画では,空間からグラフィックを横断する複合的なデザインディレクションを実践.梅田病院サイン計画では触覚性を意識した新しいコミュニケーションの可能性を示した.一方,展覧会「建築家たちのマカロニ展」「リ・デザイン――日常の21世紀展」では企画者として日常への視点を示唆している.「リ・デザイン展」は現在,世界各都市を巡回しており,同展で2000年世界インダストリアルデザインビエンナーレ(インダストリアル・グラフィック両部門)大賞,および2000年度毎日デザイン賞を受賞した.2001年より無印良品のボードメンバーとなり,その広告キャンペーンで2003年度東京アートディレクターズクラブ賞グランプリを受賞.書籍に関連するデザインでは講談社出版文化賞,原弘賞,亀倉雄策賞,一連のデザイン活動に対して日本文化デザイン賞を受賞するなど内外で数多くの賞を受賞している.

書評情報

BEGiNNER Vol.138(2011年10月)
+DESIGNING Vol.25(2011年8月)
情報管理 Vol.53 No.2(2010年5月)
京都新聞(朝刊) 2007年8月5日
東京新聞(朝刊) 2004年2月1日
広告月報 2004年2月号
電通報 2003年12月1日号
読売新聞(朝刊) 2003年11月30日
徳島新聞(朝刊) 2003年11月30日
日経MJ 2003年11月1日号

受賞情報

第26回サントリー学芸賞(芸術・文学部門)
ページトップへ戻る