父を焼く

上野英信と筑豊

戦後を代表する記録作家であった父・上野英信と彼を支えた母・晴子の思い出や筑豊の風土を描くエッセイ集.

父を焼く
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 上野 朱
ジャンル 書籍 > 単行本 > 評論・エッセイ
刊行日 2010/08/27
ISBN 9784000238649
Cコード 0095
体裁 四六 ・ 上製 ・ 206頁
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
1950~60年代.北九州筑豊の地で谷川雁・森崎和江らと共に「サークル村」で活動し,その後,記録作家として多くの名著を遺した上野英信(1923-87).その一人息子である著者が,英信と彼を支えた母・晴子の思い出,筑豊の風土とそこに住む人々を描く珠玉のエッセイ集.英信の葬儀の様子を語る表題作など27篇を収録.

■著者からのメッセージ

 ちょうど十年前の旧著のあとがきに「この本でまとめたできごとは,筑豊文庫という大きな鍋の底に残った水ごはんのようなもの」と私は書いている.水ごはんとは,炊飯釜を水に浸してはがし取ることのできるごはん粒で,幼いころの私の好物だった.その後十年間水につけっぱなしにしていた鍋をかきまわしてみたら再び米粒が顔を出した,というのが本書に収めた二十七篇である.鍋底のそのまた底なので,これはもう「おこげ」で苦いだけかもしれないとは思うが,歯の丈夫な人に噛んでみていただけたら幸いである.
 またこのところ「サークル村」をはじめとして,一九五〇年から六〇年代の文学運動や労働運動に関心を寄せる三十代前後の人々と出会う機会が増えた.いずれの人も深く文献や資料の森に踏み込んで研究分析,また新たな調査や聞き取りもされており,筑豊文庫に暮らしながら馬鹿話ばかり拾い集めていた私などとても及ぶところではない.できることといえばせめて地の利を活かし,鍋底をひっくり返してお目にかけることぐらいであるが,焦げた飯粒がいくらかなりと,記録作家上野英信像の味付けや肉付けになれば嬉しいと思う.

(本書「夢のあとがき」より)

■編集部からのメッセージ

今から三年あまり前になるでしょうか.住いの近くの図書館の書棚をぼんやりと見ていましたら,上野朱さんの『蕨の家 上野英信と晴子』が目に飛びこんできました.記録作家上野英信への関心から手に取ったのですが,面白くて一気に読みました.
 内容はもちろんですが,文章がとてもいいという印象が残りましたので,『図書』にエッセイの執筆を依頼しました.それは本書にも収録されている「消えない輝点」「硫安のステージ」ですが,前者はその年間のベストエッセイを収録した本にも再録されるなど高い評価を受けました.
 このようないい書き手を逃すことはできないとの思いから,上野さんの本を是非出版したいとお願いして出来たのが本書です.内容は前著の続編で父母への鎮魂歌という側面と筑豊の暮らしの今昔を語った側面との二つになりますが,タイトルは本書に収録した父英信の葬儀の模様を描いたエッセイから採りました.
 カバーの挿画は上野さんの幼馴染で,英信・晴子夫妻をよく知る山福朱実さんにお願いしました.内容にふさわしいものが出来上がったと喜んでいます.

(編集部 平田賢一)
I 父母との日々
  八月の花
  鎮めの机
  母の味味噌汁―筑豊文庫のお品書き
  鬼ヶ坂挽歌
  いっちょさせたら
  『ひとくわぼり』復刻のころ
  みち
  ノムリエ
  ノムリエ,もう一杯
  父を焼く
  さよなら,父母の日々
II ボタ山の地で
  ヤマの匠のビフォー・アフター
  消えない輝点
  硫安のステージ
  やんでぬー
  トンチャン
  ぬらりひょん
  消えてゆくもの
  ファインダーの向こうに
  名残のつるべ
  高飛車,頭を垂れて
  江戸に吼える
  マドレーヌばあちゃんの靴下
  日食連想
  三番鉢のごんぞうは
  枯れすすきの幸せ
  私にまつわる出生の秘密

夢のあとがき
上野 朱(うえの あかし)
 1956年福岡市生まれ.1964年父上野英信が「筑豊文庫」を創設するのに伴われて鞍手に移り,廃坑集落で育つ.高校卒業後洋菓子職人を目指して東京で就職するが,1年半で挫折して筑豊へ戻り,以後製麺業,内装業などを転々とする.96年筑豊文庫を閉鎖,解体.現在は宗像市で古書店を経営.著書に『蕨の家 上野英信と晴子』(海鳥社).

書評情報

サンデー毎日 2011年11月6日号
毎日新聞(朝刊)〔西部〕 2011年1月17日
サンデー毎日 2010年12月19日号
熊本日日新聞(朝刊) 2010年12月5日
週刊朝日 2010年11月26日号
週刊読書人 2010年11月26日号
東京新聞(朝刊) 2010年11月7日
朝日新聞(朝刊) 2010年10月31日
朝日新聞(夕刊) 2010年10月22日
週刊文春 2010年10月14日号
読売新聞(朝刊) 2010年10月10日
信濃毎日新聞(朝刊) 2010年9月19日
新潟日報(朝刊) 2
ページトップへ戻る