石垣島 海人のしごと

広大なサンゴ礁と黒潮に抱かれた豊かな海を,驚くほど多様な漁法で生き抜いてきた男たちの英知と逞しさ.

石垣島 海人のしごと
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 西野 嘉憲
ジャンル 書籍 > 単行本 > 評論・エッセイ
刊行日 2010/07/09
ISBN 9784000050593
Cコード 0095
体裁 A5 ・ 上製 ・ カバー ・ 175頁
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
「イユ,マンディどぅ.チナ,チャーたぐれぇ!」.広大なサンゴ礁と黒潮に抱かれた豊かな海に,海人(うみんちゅ)の声が響く.驚くほど多様な漁法によって〈宝の海〉を生き抜いてきた男たち.彼らの生活史から,自然と共生してきた島の人々の文化と英知が浮かび上がる.10年にわたり同行取材した写真家による貴重なルポルタージュ.

■著者からのメッセージ

西野嘉憲
海人(うみんちゅ)――島では漁師をこう呼びます.彼らはサンゴ礁から黒潮が流れる大海まで,多くの漁法を駆使して獲物を追いもとめます.
本書は,海人たちを10年にわたって取材したフォトルポルタージュです.海中で繰り広げられる迫力の漁獲シーンや,海と人が織りなす物語をあますことなく収録しました.命と向き合い,自然に寄りそって暮らす海人.自然との共存を模索するこの時代に,彼らの自然観から学ぶことは多いはずです.
第1章 石垣島の海人
サンゴ礁の追い込み漁 チナカキエー
◆石垣島の近代漁業のはじまり 糸満漁民の移住

第2章 ニンガチカジマーイ
モズクの採り勝負 スヌイとり
命の薬といわれる食材 イラブーとり
高級魚クロマグロを狙う マグロ延縄
海人の伝統行事 ハーリー
◆沖縄海人のはじまり ミーカガンとアギヤー

第3章 カーチバイ
石垣島の近代漁業の中核 カツオ船
カツオ船の餌をとる ジャコとり
パヤオの一本釣り 曳き縄
深海の底物一本釣り ムージケー
高級魚を狙う一本釣り アカジン曳き
石西礁湖のかご網漁 ティールグヮー
親子三代で営む追い込み漁 パンタタカー
人食いザメとの格闘 サメ釣り
ウミガメの素潜り漁 カーミーカケ
◆高瀬貝を追い求めた遠洋漁業 南方行き

第4章 海人三郎
銛一本で魚と対峙する 長イーグン

第5章 ミーニシ
沿岸の定置網漁 マサ網
夫婦で営む刺し網漁 ナイロン
眠りにつくグルクンを追い込む ニンジアベー
夜中に眠る魚を突く 電灯潜り
サバニに曳かれて獲物を探す スンカリヤー
深海の巨大イカを釣り上げる セーイカ旗流し

【取材後記】 命と向き合う,海人のしごと
あとがき
西野嘉憲(にしの よしのり)
1969年,大阪府生まれ.早稲田大学教育学部卒業.広告制作会社勤務を経て,現在フリーランスのカメラマンとして活動.大学在学中より南西諸島への旅を続け,そこに生きる人と自然の関わりをテーマに撮影を続ける.石垣島の海人の撮影は2000年より開始.腰を据えて取材を行なうため,2005年に石垣島に移住.趣味は昆虫採集.日本写真家協会会員.
著書に『ハブの棲む島――伝説のハブ捕り名人と奄美の森の物語』(2005年,ポプラ社),『海を歩く――海人オジィとシンカの海』(2004年,ポプラ社).その他,多数の雑誌や新聞などに寄稿.
   http://www.yoshinori-nishino.jp/

書評情報

沖縄タイムス 2011年2月27日
島へ. 2011年1月号
旅の手帖 2011年1月号
J-B Style 2010年12月-11年1月号
石垣経済新聞 2010年10月5日配信
オーシャンライフ 2010年10月号
サンデー毎日 2010年9月12日号
Coralway 2010年9-10月号
おきなわいちば Vol.31(2010年秋号)
琉球新報 2010年8月25日
八重山毎日新聞 2010年8月12日
八重山日報 2010年8月8日
朝日新聞(朝刊) 2010年8月7日
おきなわJOHO 20
ページトップへ戻る