一橋大学経済研究叢書 27

台湾・朝鮮の経済成長

物価統計を中心として

数量経済史的アプローチによる先駆的研究

台湾・朝鮮の経済成長
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 溝口 敏行
ジャンル 書籍 > 岩波オンデマンドブックス
日本十進分類 > 社会科学
シリーズ 岩波オンデマンドブックス
岩波オンデマンドブックス > 一橋大学経済研究叢書
刊行日 2016/12/13
ISBN 9784007305436
Cコード 3333
体裁 A5 ・ 並製 ・ 192頁
定価 本体4,800円+税
在庫 オンデマンド制作

※この書籍はオンデマンド出版です。ご注文を頂いてからの製作となるため、お届けまで2~4週間程かかります。ご了承ください。

戦前期の台湾・朝鮮の経済活動に関する統計を,国民総支出の概念によって整理し,あわせてデフレーターの作成にも力を注いだ.数量経済史的アプローチの先駆を成し,当時の日本の経済活動の外的条件を知るためにも必要な研究.
ページトップへ戻る