和菓子の京都

和菓子の京都
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 川端 道喜
通し番号 新赤版 119
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 随筆
刊行日 1990/04/20
ISBN 9784004301196
Cコード 0295
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー
在庫 品切れ
端午の節句を彩る粽(ちまき)の緑の奥深さ――.四季折々に私たちの目を楽しませてくれる和菓子は,その繊細な味覚とともに日本人の生活に深く結びついている.四五○年前より御所や茶人に餅と菓子をおさめてきた川端家.その当主が,和菓子文化の源流である御所の食と茶の湯,菓子作りの秘話,そして京の歳時記と京都人気質を語る.

書評情報

なごみ 2014年12月号
ページトップへ戻る