アインシュタインが考えたこと

アインシュタインが考えたこと
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 佐藤 文隆
通し番号 ジュニア新書 31
ジャンル 書籍 > 岩波ジュニア新書 > 数学・物理・天文・地学
刊行日 1981/06/19
ISBN 9784005000319
Cコード 0223
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー
定価 本体780円+税
在庫 在庫僅少
光の速さで走りながら,光を見たらどう見えるのだろうか.少年のころアインシュタインは考えました.相対論によると光に近い速さでは,時間がのびたり,長さが縮んだりします.話はさらに重力や加速度,ブラックホールや宇宙のはじまりにまでおよびます.相対論のやさしい解説とアインシュタインの生い立ち,思想を語ります.

書評情報

オーシャンズ 2013年3月号
週刊 マンガ世界の偉人 7号「アインシュタイン」(2012年3月18日)
ページトップへ戻る