大隈重信演説談話集

膨大な演説・談話によって多種多様な論を展開し,社会を啓発しつづけた大隈重信が語る,人生,学問,教育,社会,そして理想.

大隈重信演説談話集
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 早稲田大学
通し番号 青N118-1
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 青(日本思想)
日本十進分類 > 社会科学
刊行日 2016/03/16
ISBN 9784003811818
Cコード 0137
体裁 文庫 ・ 並製 ・ カバー ・ 528頁
定価 本体1,020円+税
在庫 在庫僅少
膨大な演説・談話によって多種多様な論を展開し,社会を啓発しつづけた大隈重信(1838-1922).かれは青年に何を期待し,新しい時代の女性にいかなるメッセージを送ったのか? かれの政治論・外交論,世界認識・国際路線の構想は? 学問・教育に対するビジョンは? 大隈自身が語る,人生,教育,社会,そして理想.
まえがき
凡例

I 人生を語る・学問を語る
一 青年に寄せて――生き方の指針
 1 青年の新活動方面
 2 現代学生立身方法
 3 青年の元気で奮闘する我輩の一日
 4 青年の天下
 5 我輩は何故いつまでもすべてに於て衰えぬか
 6 我輩の智識吸収法
 7 運動

二 女性へのメッセージ
 1 国民教育の複本位
 2 女子教育の目的
 3 婦人に対する実業思想の急務
 4 夫婦共稼ぎと女子の学問
 5 現代の婦人に告ぐ
 6 婦人問題解決の急務

三「学問の独立」――早稲田の学風
 1 学問の独立と東京専門学校の創立
 2 早稲田大学の教旨
 3 始業式訓示
 4 始業式に臨みて

四 教育家たちの思い出
 1 東洋学人を懐う
 2 明治文明史上に於ける福沢翁
 3 福沢先生の処世主義と我輩の処世主義
 4 二十回忌に際して 新島先生を憶う

II 政治を語る・世界を語る
一 政治はいかにあるべきか
 1 〔憲政本党〕総理退任の辞
 2 選挙人に与う
 3 勢力の中心を議会に移すべし
 4 政治趣味の涵養
 5 憲政に於ける輿論の勢力

二 世界のなかで生きる――外交を論ず
 1 外交の方針
 2 東亜の平和を論ず
 3 三たび東方の平和を論ず
 4 日支親善策如何――我輩の日支親善論
 5 列強環視の中心に在る日本

三 東西文明の調和――文明を論ず
 1 日本の文明
 2 文明史の教訓
 3 吾人の文明運動
 4 東西両文明の調和を論じて帝国の将来に及ぶ

四 理想を掲げて――世界平和のために
 1 平和事業の将来 
 2 余が平和主義の立脚点
 3 世界平和の趨勢
 4 文明史上の一新紀元
 5 大戦乱後の国際平和
 6 永久平和の先決問題


大隈重信略年表
あとがき
索引

書評情報

朝日新聞(朝刊) 2016年4月17日
ページトップへ戻る