単行本
リーディングス 戦後日本の思想水脈 第8巻

経済からみた国家と社会

戦後思想は経済制度と経済政策と共に変遷した

経済からみた国家と社会
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 西部 忠
ジャンル 書籍 > 単行本 > 経済
シリーズ リーディングス 戦後日本の思想水脈
刊行日 2017/01/25
ISBN 9784000270403
Cコード 0320
体裁 A5 ・ 上製 ・ カバー ・ 350頁
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり

占領期の戦後復興から経済成長を経てバブルの膨張と崩壊,現在の長期不況に至るまで,経済発展と経済政策の展開とともに,戦後日本ではマルクス主義・市民社会論・エコロジー論・ポストモダンなどの思想が様ざまに変容していった.貨幣と市場,資本主義と社会主義,国家と共同体などを切り口にして戦後思想の変遷をたどる.

刊行にあたって
凡例

Ⅰ 占領・戦後復興 ――傾斜生産方式とインフレーション
直面するインフレーション(一九四六年) ……大内兵衛
日本経済の破局を救うもの ――現実過程の分析(一九四七年) ……有沢広巳
我が国農村の封建性(一九四六年) ……宇野弘蔵
コラム:「昭和二二年経済実相報告書」に見る都留重人のプラグマティズム

Ⅱ 成長と変革 ――共同体、国家独占資本主義、市民社会、マルクス主義
共同体とその物質的基盤(抄)(一九五五年) ……大塚久雄
民主主義的言辞による資本主義への忠勤――国家独占資本主義段階における改良主義批判(抄)(一九五九年) ……姫岡玲治(青木昌彦)
市民社会と社会主義(抄)(一九六九年) ……平田清明

Ⅲ 市場とその外部 ――資源枯渇、環境保護、フェミニズム
自動車政策は間違っている(一九七〇年) ……宇沢弘文
エコノミーとエコロジー(一九七六年) ……玉野井芳郎
マルクス主義フェミニズムの問題構制(抄)(一九九〇年) ……上野千鶴子

Ⅳ 日本経済社会の特殊性 ――法人資本主義、日本文化論、大衆的富裕化
法人資本主義とはなにか(抄)(一九八四年) ……奥村 宏
文明比較の構造 ――ひとつの日本主義批判(抄)(一九八一年) ……西部 邁
エコノミー論(抄)(一九九四年) ……吉本隆明

Ⅴ グローバルと反グローバル ――セーフティーネット、格差、会社
セーフティーネットとは何か(一九九九年) ……金子 勝
格差の現状を検証する(抄)(二〇〇六年) ……橘木俊詔
ポスト産業資本主義における会社のあり方(抄)(二〇〇三年) ……岩井克人

Ⅵ ポスト資本主義、中国と東アジア共同体
中国の“資本主義”をどう理解すべきか(抄)(二〇一二年) ……中谷 巌
資本主義の延命策でかえって苦しむアメリカ(抄)(二〇一四年) ……水野和夫
東アジアの未来(抄)(二〇〇一年) ……森嶋通夫

〈解説〉経済からみた国家と社会 ……西部 忠
採録作品一覧・著者略歴
西部 忠(にしべ まこと)
1962年生.北海道大学大学院経済学研究科教授.東京大学大学院経済学研究科第二種博士課程修了.日本学術振興会特別研究員,北海道大学経済学部助教授等を経て,2007年より現職.専門は進化経済学.著書に『市場像の系譜学』(東洋経済新報社,1996年),『地域通貨を知ろう』(岩波書店,2002年),『地域通貨と地域自治』(公人の友社,2003年),『進化経済学のフロンティア』(編著,日本評論社,2004年),『進化経済学基礎』(共編著,日本経済評論社,2010年),『資本主義はどこへ向かうのか』(NHK出版,2011年),『地域通貨』(編著,ミネルヴァ書房,2013年),『貨幣という謎』(NHK出版,2014年),The Enigma of Money(Springer,2016)など.
ページトップへ戻る