定本 漱石全集 第3巻

草枕・二百十日・野分

のどやかな春の自然美から,格差や貧困,孤独といった社会のひずみにまで迫る,瑞々しくも野心的な三作.

草枕・二百十日・野分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 書籍 > シリーズ・講座・全集 > 定本 漱石全集
日本十進分類 > 文学
シリーズ 定本 漱石全集
刊行日 2017/02/09
ISBN 9784000928236
Cコード 0393
体裁 四六 ・ 上製 ・ 函入 ・ 608頁
定価 本体4,400円+税
在庫 在庫あり

のどやかで「非人情」な自然の美を追求した俳句的小説『草枕』.富や権力を牛耳る「文明のももんがあ」たちに憤りつつも,どこか愉快なおもむきの阿蘇登山を舞台とした『二百十日』.文学を志すも「一人坊っち」の孤立感にさいなまれる青年を軸に,近代人の孤独と情熱をえがく『野分』.瑞々しくも野心的な三作.(月報=青柳いづみこ,夏目孝)

草 枕
二百十日
野 分

 注 解(今西順吉・出原隆俊)
 後 記
  今次『漱石全集』の本文について
  第三巻について
  校異表
ページトップへ戻る