歩く,見る,聞く 人びとの自然再生

これからの希望の種が,ここにはある!

歩く,見る,聞く 人びとの自然再生
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 宮内 泰介
通し番号 新赤版 1647
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 社会
刊行日 2017/02/21
ISBN 9784004316473
Cコード 0236
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 224頁
定価 本体円+税
在庫 在庫あり

環境破壊や異常気象が伝えられるなかで,綿々と自然再生に携わっている人が各地にいる.自然の営みの下で暮らし,時には人の手を加えることで自然を再生.また利害が異なる人同士で話し合いを重ね,合意形成をして自然を再生することもある.災害時や都市部での実践も含め,「歩く,見る,聞く」で得た魅力的な肉声とともに活き活きと描きだす.

第1章 自然とは何だろうか?――人間との相互作用
1 生活の場から
岩のりの採集/何のために、誰のために自然を守るのか
2 ヨシ原という自然から考える
北上川河口のヨシ原は、どう生まれたか/地域住民のヨシ原利用/生物多様性を支えるヨシ原/攪乱
3 日本列島の自然の歴史
森は少なかった/草地の減少/落葉広葉樹や草原は、なぜ残ったのか/人間の活動が作り出した多様性
4 自然とは何だろうか
自然保護の考え方の変遷/生物多様性/里山保全という考え方/生態系サービスという考え方/自然とは何だろうか
5 半栽培
「半栽培」という考え方/多様な事例/三つの半栽培/半栽培のダイナミズム/竹林の変遷
6 伝統的知識
自然保護は、ときに住民への抑圧になる/自然保護難民/伝統的な生態学的知識

第2章 コモンズ――地域みんなで自然にかかわるしくみ
1 自然と社会組織
磯物と契約講/海の資源と地域組織/山の資源 ススキ
2 コモンズと「所有」
コモンズとは何か/「コモンズの悲劇」?/コモンズはどのように生まれるのか/誰のものか/フットパス/所有とは何だろうか
3 なぜ「集団的」なのか
歴史から来る「集団」のかかわり/みんなが納得できる柔軟な資源管理/コモンズの効用
4 災害とコモンズ
東日本大震災/合意形成とコミュニティ

第3章 合意は可能なのか――多様な価値の中でのしくみづくり
1 現代のコモンズ
ある都市の森林保全活動/都市部でのコモンズの実践/市民による森づくり/スペイン 干潟のコモンズ
2 順応的管理と「正しさ」をめぐる問題
何重もの不確実性/順応的管理とは何か/自然再生事業始まる/順応的管理の失敗/「正しさ」をめぐる争い/誰がかかわるべきか/どのような価値を重んじるのか/誰がどう承認するのか/世界は多様な価値に満ちている
3 多様な合意形成の形
むずかしい「合意形成」/ワークショップという技法/ワークショップの実践/無作為抽出された市民による討議/ハイブリッド型市民討議/合意とはいったい何だろうか/「合意」を広く考えてみる
4 順応的なガバナンスへ
柔軟性や順応性をもったモデル/複数のゴール/試行錯誤を保証する

第4章 実践 人と自然を聞く
1 聞くといういとなみ
奄美での聞き取りから/数値化による自然把握/「ppmに気をつけろ」/聞く/ふれあい調査/聞き書きをする/女川集落の日々/聞き書きの効用/物語が生まれる
2 物語を組み直す
感受性をみがく/歩く、調べる/外部者の役割

おわりにかえて 小さな物語から、人と自然の未来へ
小さな物語を大事にする/小さな社会からの自然再生

あとがき
主要参考文献
この本のテーマについて、もっと知りたい人のために
宮内泰介(みやうち たいすけ)
1961年生まれ.北海道大学大学院文学研究科教授.環境社会学.東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学.博士(社会学).自然と人,コミュニティのこれからをテーマに,国内外のフィールドワークを続ける.さまざまな市民活動,まちづくり活動にもかかわっている.
編著書に『自分で調べる技術』(岩波アクティブ新書),『震災と地域再生――石巻市北上町に生きる人びと』(共編著,法政大学出版局),『どうすれば環境保全はうまくいくのか』(編著,新泉社),『なぜ環境保全はうまくいかないのか』(編著,新泉社),『かつお節と日本人』(共著,岩波新書),『開発と生活戦略の民族誌――ソロモン諸島アノケロ村の自然・移住・紛争』(新曜社),『半栽培の環境社会学』(編著,昭和堂),『コモンズをささえるしくみ』(編著,新曜社),『コモンズの社会学』(共編著,新曜社)などがある.

書評情報

DEARニュース 2017年6月号(182号)
日本農業新聞 2017年5月2日
秋田魁新報 2017年3月12日
ページトップへ戻る