単行本

テレ東流 ハンデを武器にする極意

〈番外地〉の逆襲

テレビ東京の元気さのヒミツは何か? 「浅ヤン」「誰ピカ」を世に送り出した名プロデューサーが逆境に勝ち抜く極意を語る.

テレ東流 ハンデを武器にする極意
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 伊藤 成人
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
刊行日 2017/03/17
ISBN 9784000240550
Cコード 0095
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 208頁
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり

後発・弱小というハンデを負い,長きにわたって低い視聴率に苦しみ,〈番外地放送局〉と揶揄されてきたテレビ東京.いま放送業界でテレ東の元気さがひときわ目立っている.その躍進のヒミツは何なのか? 「浅ヤン」「誰ピカ」を世に送り出した名プロデューサーが自らの体験を交えながら逆境に勝ち抜く極意を語る.

はじめに
1 倒産寸前! からのスタート
2 人も予算も何分の一、それでも戦う
3 実録「振り向けば番外地」……苦闘の歴史
4 逆境から生まれた名物番組
5 視点を変えて生まれたアイデア
6 ハンデを武器にする極意28
7 テレビについて
おわりに
ハンデが個性を生む、ゆえにチャンスが生まれる/そして最後に

あとがき
伊藤成人主要作品歴
参考文献
伊藤成人(いとう せいじん)
1974年,東京12チャンネル(日本科学技術振興財団テレビ事業本部)入社.テレビ東京制作局次長,企画委員,㈱テレビ東京制作取締役を歴任.「ヤンヤン歌うスタジオ」「演歌の花道」ディレクターなどを経て,「浅草橋ヤング洋品店(ASAYAN)」「たけしの誰でもピカソ」他プロデューサーはじめプロデュース番組多数.映画,舞台,事業イベントのプロデューサー.現在,番組プロデュース,ステージ演出はじめ,企画ブレーン,研修講師なども務める.

書評情報

ダイヤモンド・オンライン 2017年4月1日
ページトップへ戻る