岩波文庫

新撰讃美歌

明治の近代文学を生んだ清らかな調べ

新撰讃美歌
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 植村 正久 , 奥野 昌綱 , 松山 高吉
通し番号 青116-2
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 青(哲学・教育・宗教)
刊行日 2017/03/16
ISBN 9784003311622
Cコード 0116
体裁 文庫 ・ 272頁
在庫 在庫あり

島崎藤村や国木田独歩などの日本近代文学,ことに新体詩や浪漫主義を生み出す源泉となった,明治期の記念碑的讃美歌集.プロテスタントの二大教派である日本基督一致教会と日本組合基督教会との初の共通讃美歌集として刊行され,現在歌われている讃美歌の礎となった.楽譜三十曲を掲載.(注・解説=下山孃子)

凡 例

新撰讃美歌序
〔新撰讃美歌〕目次
いろは分け見出し

新撰讃美歌

注(下山孃子)
〈解説〉『新撰讃美歌』――明治二十年代ロマンティシズムの源流(下山孃子)  

書評情報

クリスチャン新聞 2017年4月23日
キリスト新聞 2017年4月8日
ページトップへ戻る