電子書籍対応

グローバル・ジャーナリズム

国際スクープの舞台裏

名物記者達の取材の秘技,最新人脈図に迫る

グローバル・ジャーナリズム
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 澤 康臣
通し番号 新赤版 1653
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 情報・メディア
刊行日 2017/03/22
ISBN 9784004316534
Cコード 0236
体裁 新書 ・ 272頁
在庫 在庫あり

世界一斉に報じられた「パナマ文書」の裏には各国記者たちの「史上最大の作戦」があった.イタリアマフィアの極秘アフリカ進出は,前代未聞の欧州・アフリカ記者連合が暴いた.ビジネスも犯罪も国境を越える時代,記者たちは一匹狼から国際協力に舵を切り,デジタル技術で武装する.新しい国際調査報道の可能性を報告する.

はじめに

第1章 世界の極秘情報を暴いた「パナマ文書」
 1 匿名法人――その裏に政治家と犯罪組織が隠れていた
 2 調査報道記者たちの「史上最大の作戦」
 3 「今日から暗号化キーを持て」
 4 辞めた首相、怒った大統領、立ち上がった市民

第2章 グローバル化するニュースを追う
 1 アゼルバイジャンの独裁者が奪った富
 2 マフィアの大陸侵略を暴いた「イタリア・アフリカ各国記者連合」
 3 殺される記者 訴追されない犯人

第3章 新参NPOの乱入
 1 マックレイカーズ(肥やしをあさる野郎ども)の誇りと退潮
 2 スター記者集め、寄付は年間一〇億円
 3 欧州とアジアの風雲児

第4章 明かされる「秘伝」
 1 記者による記者のためのスクープ教室
 2 取材に応じてもらう秘策
 3 抑圧政府から身をかわす技法

第5章 そして日本は――
 1 調査報道を阻む「日本の壁」
 2 匿名社会が記者を阻む
 3 ニュースと市民と社会参加
 4 日本から未来へ、ジャーナリストの課題

おわりに
参考文献
澤康臣(さわ・やすおみ)
1966年岡山市生まれ.
東京大学文学部卒業後,1990年共同通信記者.
社会部,外信部,NY支局などを経て2014年5月から特別報道室で調査報道や深掘りニュースを担当する.NYでは「国連記者会」理事に選出.2006─07年,英オックスフォード大学ロイタージャーナリズム研究所客員研究員.
著書─『英国式事件報道 なぜ実名にこだわるのか』(文藝春秋,2010年)『世界の裁判員 14か国イラスト法廷ガイド』(共著,日本評論社,2009年)

書評情報

プレジデント 2017年7月31日号
週刊東洋経済 2017年7月1日号
ジャーナリスト新聞 2017年6月25日
しんぶん赤旗 2017年6月1日
週刊朝日 2017年5月26日号
週刊現代 2017年5月20日号
読売新聞(朝刊) 2017年4月30日
赤旗日曜版 2017年4月16日号
週刊ダイヤモンド 2017年4月15日号
ページトップへ戻る