単行本
新刊

月の満ち欠け

三人の男と一人の少女の,三十余年におよぶ人生,その過ぎし日々が交錯し,幾重にも織り込まれてゆく.この数奇なる愛の軌跡よ!

月の満ち欠け
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 佐藤 正午
ジャンル 書籍 > 単行本 > 創作作品(小説・詩・戯曲)
日本十進分類 > 文学
刊行日 2017/04/05
ISBN 9784000014083
Cコード 0093
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 336頁
在庫 在庫あり

あたしは,月のように死んで,生まれ変わる――目の前にいる,この七歳の娘が,いまは亡き我が子だというのか? 三人の男と一人の少女の,三十余年におよぶ人生,その過ぎし日々が交錯し,幾重にも織り込まれてゆく.この数奇なる愛の軌跡よ! 新たな代表作の誕生は,円熟の境に達した畢竟の書き下ろし.さまよえる魂の物語は戦慄と落涙,衝撃のラストへ.

 

■ 書店員さんからの反響続々――

 

理知的であり情緒的でもある運命の物語に
どうしようもないほど心が打ち震えました。

(三省堂書店 営業企画室 内田剛さん)

 

類いまれなる純愛に胸が詰まります。

(ジュンク堂書店 吉祥寺店 河合駿介さん)

 

物語の起点でもあり終点でもあるこの八戸の地で
この作品を読める喜びをかみしめながら本を閉じた。

(成田本店 みなと高台店 櫻井美怜さん)

 

自分自身にも運命的な出会いがあったのかも。そして、あるのかもしれないと感じずにはいられなくなっていた。

(成田本店 しんまち店 金内豊治さん)

 

物語にしかなしえない奇跡がここにある。この奇跡は哀しくて美しくておそろしい。

(三省堂書店 神保町本店 大塚真祐子さん)

 

先が気になって仕方なく、けれど読みとばすのは惜しくて、のめりこむように読んだ。

(紀伊國屋書店 新宿本店 今井麻夕美さん)

 

すごーくおもしろく読みましたっ!
体力的にも視力的にも、もう本を一気に読むことなんかないと思っていたのが、久々の一気読み!
ラストは思わず涙しましたー。

(honto書店 矢部潤子さん)

午前十一時
 1
 2
 3
 4

午前十一時半
 5
 6
 7
 8

午後〇時
 9
 10
 11

午後〇時半
 12

午後一時
 13
佐藤正午(さとう しょうご)
1955年8月25日,長崎県佐世保市生まれ.北海道大学文学部中退.1983年『永遠の1/2』で第7 回すばる文学賞を受賞.2015年『鳩の撃退法』(小学館,2014年)で第6回山田風太郎賞を受賞.そのほかの著作に『ジャンプ』『身の上話』(光文社),『5』(角川書店),『アンダーリポート』(集英社),『小説家の四季』(岩波書店),『小説の読み書き』(岩波新書)など.

書評情報

デーリー東北 2017年4月16日
デーリー東北 2017年4月6日
ページトップへ戻る