世界 2017年 臨時増刊号

世界 2017年 臨時増刊号
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 雑誌 > 世界 > 臨時増刊号
刊行日 2017/03/24

 2017年1月20日、トランプ政権が始動した。
 アメリカ合衆国史上最も富裕な政権の誕生である。
 発足後、矢継早に繰り出される大統領令は、トランプが選挙戦時の公約を本気で実現する気でいることを認識させた。
 「オバマケア」は就任当日に「見直し」が宣言され、人々の抗議運動の広がりでようやく止まったパイプライン建設の再開もサインひとつで決まった。
 さらには、当該の省庁をつぶすために送りこまれたのではないかとすら思われるような奇怪な閣僚人事の数々。
 メディアを「国民の敵」と呼び、気にいらないニュースは「フェイク」呼ばわりして記者を会見場から追い出し、一方で「トランプ砲」とも言われる本人のツイートでフェイクを垂れ流す。
 通常、新政権発足から100日間は、連邦議会、国民との「蜜月期間」として、新規政策への動きに有利な条件が与えられてきた。しかし今回は違う。早くも、多様な反対運動が全国で繰り広げられている。
 「見捨てられた白人中間層男性」の期待を一身に背負って誕生した大統領。ブッシュ―クリントン―ブッシュ―クリントン、というエスタブリッシュメントによる政権たらい回しを阻止した大統領――トランプ大統領誕生は現代史においてどのような意味をもつのか。そしてその背景には何があるのか。
 グローバル化のもと、格差は拡大し、資本主義は限界に達し、人々の間の亀裂・分断も深まっている。そのなかからポピュリズムが擡頭し、欧米でもアジアでも吹き荒れている。それは新しい左派のポピュリズム運動に発展するのか、それとも1930年代のようにファシズムへの道を開くのか。
 トランプ政権の分析を通して、混迷する世界の解明を試みる。

特集 トランプ・ショックに揺れる世界

Ⅰ――一トランプ政権誕生の意味

〈転換はすでに起きている〉
内輪で固めたトランプ閣僚――一見強力、実は怯えのあらわれ
ナオミ・クライン(ジャーナリスト) 訳=大竹秀子

〈グローバライゼーションの果てに〉
トランプ症候群――アメリカの病根
赤木昭夫(元慶應義塾大学教授)

〈新「ニュー・レフト」へ〉
進歩主義ネオリベラリズムの終焉
ナンシー・フレーザー(NSSR) 井芹真紀子・訳

〈インタビュー〉
「アメリカ民主主義の防衛に残された時間は長くて一年」
ティモシー・スナイダー(イェール大学) 聞き手=マティアス・コルプ(南ドイツ新聞) 訳=三浦元博(大妻女子大学)

〈21世紀のファシズムへ?〉
オバマからトランプへ——受動的革命の失敗
ウィリアム・I・ロビンソン(カリフォルニア大学) 訳=石川麻矢子

〈バノンのイデオロギー〉
スティーブ・バノンはなぜ「行政国家」を崩そうとしているのか?
カーティス・アトキンス(People's World 論説編集者) 訳=齋藤雅子

〈インタビュー〉
フリン補佐官を辞任させたロシア・リークの異様な扱い――トランプVS.「影の国家」
グレン・グリーンウォルド(ジャーナリスト・弁護士) 聞き手=エイミー・グッドマン(ジャーナリスト)他 訳=中野真紀子

〈報告〉
メディアは〈米国民の敵〉か——トランプ大統領と対峙するジャーナリズム
立岩陽一郎(ジャーナリスト)


Ⅱ――一トランプの「政策」――対抗軸は作れるか

〈分析〉
民主主義という「羊の皮」を脱いだアメリカ――新政権のFrist 45 days
宮前ゆかり(リサーチャー・翻訳家=TUP)

〈ブゥードゥー経済学の再来〉
トランプはいかに米経済に「核攻撃」を加えうるのか
ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学) 訳・解説=山本俊明(時事通信)

〈「国是」の放棄〉
「アメリカ第一主義」と「新たな世界秩序」の行方――「日米同盟」で差し出される沖縄
佐藤学(沖縄国際大学)

〈NATO批判の舞台裏〉
トランプ劇場のまぼろし――安保政策と軍事再編から謎解く
谷口長世(国際ジャーナリスト)

〈パレスチナ問題の終焉〉
中東  一万キロ離れた場所にある、アメリカの「近未来」――トランプとネタニヤフ、蜜月の行方
小田切 拓(ジャーナリスト)

〈あるべき貿易ルールとは〉
メガFTA終焉の始まり——TPP/RCEPとトランプの通商政策
内田聖子(PARC)


Ⅲ――一ポピュリズムに揺れる米国・欧州・世界

〈代表制の危機〉
ポピュリズムの挑戦
シャンタル・ムフ 訳・解題=片岡大右

〈インタビュー〉
「政治的イスラム」を超えて――グローバリズムとイスラム社会
タリク・ラマダン(オックスフォード大学) 聞き手=栗田禎子(千葉大学)

〈左派にも潜む「トランプ」〉
15年後の「嗤う日本のナショナリズム」——笑えない左派のナショナリズム
北田暁大(東京大学)

「私が爆弾を作ったわけではない。私は爆弾が存在することを示しただけだ」――世界をひっくり返したデータとは
ハネス・グラセゲール(Das Magazin)、ミカエル・クロゲルス(Das Magazin) 訳=坂野正明

【巻末資料】
トランプ大統領の米連邦議会演説(2月28日)全文
ページトップへ戻る