単行本
新刊
これから出る本

「大衆」と「市民」の戦後思想

藤田省三と松下圭一

二人のデモクラットの思索を対照させながら,戦後日本の「市民」概念がいかに「大衆」を意識しつつ形作られたかを探る本格研究.

「大衆」と「市民」の戦後思想
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 趙星銀
ジャンル 書籍 > 単行本 > 政治
刊行日 2017/05/26
ISBN 9784000611978
Cコード 0031
体裁 A5 ・ 上製 ・ カバー ・ 432頁
在庫 未刊・予約受付中

政治学者の藤田省三(1927-2003)と松下圭一(1929-2015)は,一九五〇年代半ばの日本社会における「大衆」の問題に主眼をおきながら自らの思想を築き上げた.「現代」という時代と格闘した二人のデモクラットの思索を対照させながら,戦後日本の「市民」概念がいかに「大衆」を意識しつつ形作られたかをさぐる本格研究.

ページトップへ戻る