定本 漱石全集 第五巻

坑夫・三四郎

若き日の,果てなき心の彷徨

坑夫・三四郎
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 書籍 > シリーズ・講座・全集 > 定本 漱石全集
シリーズ 定本 漱石全集
刊行日 2017/04/07
ISBN 9784000928250
Cコード 0393
体裁 四六 ・ 上製 ・ 函入 ・ 784頁
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり

ポン引きに誘われるがまま銅山に入り坑夫となった十九歳の家出青年の,揺れうごく心の淵を克明に写しとった『坑夫』.大学入学のため熊本から上京し,都会の新しい空気のなかで学問と友情と恋愛に悩み迷いながら経験を重ねる二十三歳の青年の姿を,青春の清々しさと苦みを込めて描く『三四郎』.若き日の光と影があざやかに差す二作.

坑夫

三四郎

 注 解(紅野謙介・吉田凞生・宗像和重)
 後 記
  今次『漱石全集』の本文について
  第五巻について
  校異表
ページトップへ戻る