岩波文庫
新刊

バウドリーノ (下)

(全二冊)

バウドリーノ (下)
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 ウンベルト・エーコ , 堤 康徳
通し番号 赤718-3
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 赤(外国文学/南北ヨーロッパ・その他)
日本十進分類 > 文学
刊行日 2017/04/14
ISBN 9784003271834
Cコード 0197
体裁 文庫 ・ 464頁
在庫 在庫あり

今こそ聖なる杯グラダーレを返還するために司祭ヨハネの王国への道を切り開くのだ! ――皇帝ひきいる軍勢とともに,バウドリーノと仲間たちはいよいよ東方への旅に乗り出すが,待ち受けていたのは思いもかけない運命だった…… エーコが史実と伝説とファンタジーを織りまぜて紡ぎだす破天荒な冒険ロマン.(全2冊) 

22 バウドリーノは父親を亡くしてグラダーレを見出す
23 バウドリーノは第三回十字軍へ
24 バウドリーノはアルドズルニの城に行く
25 バウドリーノはフリードリヒが二度死ぬのを見る
26 バウドリーノと賢王たちの旅
27 バウドリーノはアブハジアの闇に入る
28 バウドリーノはサンバティオン川を渡る
29 バウドリーノはプンダペッツィムに到着する
30 バウドリーノは助祭ヨハネと面会する
31 バウドリーノは司祭ヨハネの王国への出発まで待機する
32 バウドリーノは一角獣を連れた貴婦人に会う
33 バウドリーノはヒュパティアに会う
34 バウドリーノは真実の愛を発見する
35 バウドリーノ対白フン族
36 バウドリーノとロック鳥
37 バウドリーノはビザンツの宝物を増やす
38 バウドリーノは決着をつける
39 バウドリーノは柱頭行者になる
40 バウドリーノはもういない
 訳者あとがき


●(上)目次
1 バウドリーノは書きはじめる
2 バウドリーノはニケタス・コニアテスに出会う
3 バウドリーノは子供の頃に書いたことをニケタスに説明する
4 バウドリーノは皇帝と話し皇妃に恋する
5 バウドリーノはフリードリヒに賢明な忠告をする
6 バウドリーノはパリに行く
7 バウドリーノはベアトリスにかわり恋文を〈詩人〉のかわりに詩を書く
8 バウドリーノは地上楽園を想像する
9 バウドリーノは皇帝を叱責し皇妃を誘惑する
10 バウドリーノは三賢王を見つけシャルルマーニュを列聖する
11 バウドリーノは司祭ヨハネのために宮殿を建てる
12 バウドリーノは司祭ヨハネの手紙を書く
13 バウドリーノは新しい町の誕生を目のあたりにする
14 バウドリーノは父親の牝牛でアレッサンドリアを救う
15 バウドリーノはレニャーノの戦いへ
16 バウドリーノはゾシモスにだまされる
17 バウドリーノは司祭ヨハネが手紙を書いた相手が多すぎることを発見する
18 バウドリーノとコランドリーナ
19 バウドリーノは自分の町の名前を変える
20 バウドリーノはゾシモスに再会する
21 バウドリーノとビザンツの魅惑
ページトップへ戻る