東大留学生ディオンが見たニッポン

ニッポンに留学したディオンの見聞録.東大での日々で同世代や社会に感じた異論・戸惑い・共感を率直に語る.

東大留学生ディオンが見たニッポン
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 ディオン・ン・ジェ・ティン
通し番号 ジュニア新書 852
ジャンル 書籍 > 岩波ジュニア新書 > 社会・倫理
刊行日 2017/04/20
ISBN 9784005008520
Cコード 0236
体裁 新書 ・ 240頁
定価 本体880円+税
在庫 在庫あり

何度も訪れるほど大好きな国・ニッポンに夢叶って留学したディオンの見聞録.「英語をもっと話そうよ!」「タメ口と敬語の使い分けは難しい!?」「どうして体育会に入ると留学しにくいの?」等々,東大PEAK.体育会・コンパで同世代や社会に感じた異論・戸惑い・共感を率直に語る.日本の国際化にむけても示唆に富む一冊.

はじめに

第1章 暮らし始めてビックリ!
 日本社会は排外的?/びっくりした点・その1/びっくりした点・その2/びっくりした点・その3/フォリナーフレンドリーな日本に住みたい

第2章 「みんな、中学生?」
 外見の大事さ/表面を中心とする傾向/日本人と話すのと、外国人と話すのとどういうふうに違うの?/英語で話すときの私、日本語で話すときの私/自然な日常会話を学ぶ、ディオンの多面キャラ!

第3章 「うわー、日本語お上手ですね!」
 ひとことしかしゃべってないのに……/日本人の「他者」意識/「これは私物です」の意味/本音、建前、お世辞、社交辞令を区別する能力が大事!

第4章 必修?の第二外国語
 コミュニケーションツール? それともただの受験科目?/「あなたは、日本語を話せますか?」/なぜ外国人の私達と英語で話さないのですか?/日本人の英語の学び方・日本の英語教育制度/一年生一学期目、第三外国語フランス語(初級)を受けてみた!/二学期目、フランス語会話(初級)を受けてみた!/第二外国語学習の必要性

第5章 リバースカルチャーショック
 シンガポールへの帰省/リバースカルチャーショックとはいったいなーに?/帰省中に見舞われたショック/日本、やはり恋しや

第6章 日本語でしか表せない
 これは、英語で何て言うんだっけ……?/シンガポール人っぽい、日本人っぽい

第7章 「なんとか会」文化
 何部、何サーに入ろうかな?/「〇〇会」「〇〇コンパ」が多すぎてよくわからない!(汗)/アルコールなしで本性表せないの?/あなたは何「キャラ」ですか?

第8章 タメ口と敬語
 厳しく守る上下関係、大学の学生団体からすでに現れる/先輩に敬語、同期と後輩にタメ口……理解しにくい上下関係/この壁を乗り越えるには?/人種によって、容姿によってその壁の高さが変わる?/帰国子女は敬語が話せない?

第9章 “You are what you SPEAK”
 日本語の若者言葉との出会い、その感想/若者言葉の現象、日本だけ? 他の言語では? 若者言葉の社会的な役割/「ネイティブ」とは?/長期留学のおかげで学べた言語を超えたコミュニケーション

第10章 目立たないエリートの謎
 異論発言が嫌い、それとも苦手?/日本風授業VS西洋風授業/出る杭はほんとうに打たれる?

第11章 グローバル化に対する意識は?
 留学に興味のある人はまだ少数?/「濱田総長と語る集い」にて/自分から探ってみるという意識

第12章 文脈を把握していないと……
 言葉はわかっても……/自分の生活様式・習慣を変えるべき?/郷に入っては郷に従え/グローバル社会になりつつある

主要参考文献
おわりに

扉・本文イラスト= 片塩広子
ディオン・ン・ジェ・ティン(Dionne Ng Zhe Ting)
1994年シンガポール生まれ.現在,正規留学生として東京大学教養学部教養学科国際日本研究コース4年に在籍.2016年度,在日シンガポール留学生協会会長を務め,同年4月まで東大運動会バドミントン部に所属.趣味は,スポーツ,語学,ピアノとボーカルなど.

書評情報

東京大学新聞 2017年9月26日
学校図書館速報版 2017年8月15日
朝日中高生新聞 2017年6月18日
ページトップへ戻る