岩波現代文庫
〈物語と日本人の心〉コレクション VI

定本 昔話と日本人の心

日本の昔話にはどのような日本人独特の意識が現われているか.ユング心理学の視点から読み解く.著者自身による解題を付した定本.

定本 昔話と日本人の心
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 河合 隼雄 , 河合 俊雄
通し番号 学術349
ジャンル 書籍 > 岩波現代文庫 > 心理・言語・教育
日本十進分類 > 哲学/心理学/宗教
シリーズ 〈物語と日本人の心〉コレクション
刊行日 2017/04/14
ISBN 9784006003494
Cコード 0111
体裁 A6 ・ 並製 ・ カバー ・ 432頁
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり

「浦島太郎」「鶴女房」など日本人に古くから親しまれてきた昔話には,西洋近代流の自我の意識とは異なる日本人独特の意識が現われている! 心理療法家河合隼雄が「女性の意識」に着目し,日本昔話を世界の民話や伝説と比較しながら読み解く.著者自身による解題「序説 国際化の時代と日本人の心」を収録し,定本とした決定版.(解説=鶴見俊輔)(全6冊完結)

河合隼雄(かわい はやお)
1928年兵庫県生まれ.京都大学理学部卒業.1962年よりユング研究所に留学,ユング派分析家の資格取得.京都大学教授,国際日本文化研究センター所長,文化庁長官を歴任.2007年7月逝去.岩波書店より『河合隼雄著作集』(第一期,第二期)刊行.

河合俊雄(かわい としお)
1957年奈良県生まれ.京都大学教育学研究科博士課程中退.チューリッヒ大学(Ph.D.).ユング派分析家資格取得.現在,京都大学こころの未来研究センター教授.著書に『心理臨床の理論』『ユング魂の現実性』ほか.
ページトップへ戻る