思想 2017年5月号

思想 2017年5月号
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 雑誌 > 思想
刊行日 2017/04/26
体裁 234頁
特集 政治思想史における近代

思想の言葉  ジョン・ポーコック
〈プロローグ〉思想史という営みの感性的側面について  ダンカン・フォーブス

―I―
「創造」の場に居合わせて――ピーター・ラズレットと共に「失われた世界」へ―― ジョン・ポーコック
スコットランド啓蒙とケンブリッジ学派  ブライアン・ヤング
政治理論の歴史  ジョン・ダン

―II―
時間の政治学――ポーコックと政治言説史―― 鹿子生浩輝
歴史の理論家としてのポーコック――その知的軌跡における政治・多元性・批判的知性の擁護―― 犬塚 元

―III―
ジョン・ネヴィル・フィギスとケンブリッジ近代史学――歴史と政治思想―― マーク・ゴルディー
クェンティン・スキナー――政治学の歴史と歴史の政治学―― ジョン・ポーコック

〈エピローグ〉回想の「ケンブリッジ学派」―― 一政治学徒の同時代思想史物語―― 半澤孝麿
ページトップへ戻る