岩波現代全書
新刊
岩波現代全書

歴史ができるまで

トランスナショナル・ヒストリーの方法

研究史の俯瞰と自作の製作過程の回顧による方法論的考察

歴史ができるまで
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 J.H.エリオット , 立石 博高 , 竹下 和亮
通し番号 102
ジャンル 書籍 > 岩波現代全書 > 歴史・伝記
シリーズ 岩波現代全書
刊行日 2017/05/18
ISBN 9784000292023
Cコード 0322
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 272頁
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり

歴史の記述が創り出されるとき,歴史家は何を考え,どのような作業を行うのか.スペインを中心とする西洋近世史を牽引してきた英国の代表的歴史家が,修業時代から始めて様々な分野に拡がる自らの研究について,各分野の研究史の見通しを描きつつ,その製作過程を振り返る.碩学ならではの,過去の理解をめぐる方法論的考察.

 はじめに
 謝辞
第1章 外国史を学ぶ――なぜスペインなのか
第2章 ナショナル・ヒストリーとトランスナショナル・ヒストリー
第3章 政治史と伝記の可能性
第4章 帝国の興亡――スペインは本当に「衰退」したのか
第5章 芸術と文化の歴史
第6章 新たな比較史のために
第7章 さらに深く、さらに大きく
 注
 訳者解説
J. H. エリオット(Sir John Huxtable Elliott)

1930年生.オックスフォード大学近代史欽定講座名誉教授.近世スペイン史.著書に,The Revolt of the Catalans(1963); The Old World and the New, 1492-1650 (1970);Richelieu and Olivares (1984); The Count-Duke of Olivares(1986); Empires of the Atlantic World: Britain and Spain in America 1492-1830( 2006)など.



立石博高(たていし ひろたか)

1951年生.東京外国語大学学長.1980 年東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退.スペイン史.著書に,『世界の食文化14 スペイン』(農文協,2007),『スペイン歴史散歩:多文化多言語社会の明日に向けて』(行路社,2004),編著に,『概説近代スペイン文化史:18 世紀から現代まで』(ミネルヴァ書房,2015)など.



竹下和亮(たけした かずあき)

1972年生.国際基督教大学アジア文化研究所研究員.東京外国語大学大学院地域文化研究科博士課程修了.フランス史,南欧史.論文に,「カルヴァンの語彙」『アジア文化研究』38 号(2012)など,訳書に,『都市・身分・新世界』(共編訳,山川出版社,2016),『スペインの歴史:スペイン高校歴史教科書』(共訳,明石書店,2014)など.
ページトップへ戻る