定本 漱石全集 第六巻

それから・門

百合の香とともによみがえる,諦めた恋心.仲睦まじく平凡な夫婦に秘められた罪の影.許されぬ恋に揺れる心理を浮き彫りにする二作.

それから・門
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 書籍 > シリーズ・講座・全集 > 定本 漱石全集
日本十進分類 > 文学
シリーズ 定本 漱石全集
刊行日 2017/05/11
ISBN 9784000928267
Cコード 0393
体裁 四六 ・ 上製 ・ 函入 ・ 808頁
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり

友人に譲った恋のはずが,百合の香のように甘やかに重く立ちのぼる――高等遊民・代助の煩悶を描く『それから』.世間から遠ざかるようにひっそりと暮らす宗助と御米.一見平穏な日常をおくりつつも,罪の意識から不安の影におびやかされる夫婦の心理を,細やかな季節の描写でつづる『門』.揺れる思いと心のひだを浮き彫りにする二作.

それから



注 解(中山和子・玉井敬之)
後 記
 今次『漱石全集』の本文について
 第六巻について
 校異表
ページトップへ戻る