失われた時を求めて 11

囚われの女II

アルベルチーヌはいなくなった

囚われの女II
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 プルースト , 吉川 一義
通し番号 赤N511-11
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 赤(外国文学/フランス)
シリーズ 失われた時を求めて
刊行日 2017/05/16
ISBN 9784003751206
Cコード 0197
体裁 文庫 ・ 576頁
定価 本体1,070円+税
在庫 在庫僅少

ヴェルデュラン邸での比類なきコンサートを背景にした人間模様.スワンの死をめぐる感慨,ヴァントゥイユの知られざる傑作が開示する芸術の意味,大貴族シャルリュスの傲慢とブルジョワ夫妻の思いがけぬ報復.「私」もまた恋人への疑念と断ち切れぬ恋慕に苦しむが,ある日アルベルチーヌ失踪の報に襲われる.(全14冊)

凡 例
『失われた時を求めて』の全巻構成
本巻について
本巻の主な登場人物
地図(一九〇〇年前後のフランスとその周辺/一九〇〇年前後のパリ)

第五篇 囚われの女 Ⅱ
 場面索引
 訳者あとがき(十一)
 プレイヤッド版との異同一覧
 図版一覧


【『失われた時を求めて』の全巻構成】

第一篇 スワン家のほうへ
 コンブレー(以上、本文庫第一巻)
 スワンの恋
 土地の名─名(以上、第二巻)

第二篇 花咲く乙女たちのかげに
 スワン夫人をめぐって(以上、第三巻)
 土地の名─土地(以上、第四巻)

第三篇 ゲルマントのほう
 一
 二(以上、第五、六、七巻)

第四篇 ソドムとゴモラ
 一
 二(以上、第八、九巻)

第五篇 囚われの女(以上、第一〇、一一巻)

第六篇 消え去ったアルベルチーヌ(以上、第一二巻)

第七篇 見出された時(以上、第一三、一四巻)
ページトップへ戻る