新刊
岩波科学ライブラリー

必勝法の数学

将棋や囲碁で人間がコンピュータに敗れる時代となった.必勝法にとりつかれた人々による研究をたどり,必勝法の原理を解説する.

必勝法の数学
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 徳田 雄洋
通し番号 263
ジャンル 書籍 > 自然科学書 > 数学
書籍 > 岩波科学ライブラリー > 数学
シリーズ 岩波科学ライブラリー
刊行日 2017/07/05
ISBN 9784000296632
Cコード 0341
体裁 B6 ・ 並製 ・ カバー ・ 128頁
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫あり
ついに将棋や囲碁で人間のチャンピオンがコンピュータに敗れる時代となってしまった.前世紀,簡単な山くずしのゲームからはじまった,必勝法にとりつかれた人々がはじめた研究は,百年のときを経てここまでたどりついたのだ.解明されたさまざまなタイプの必勝法の原理と,その数理科学・経済学・情報科学への影響を解説する.
はじめに――もはや人間はコンピュータに勝てない?
第1章 チェスの勝敗は,先手・後手を決めた時点で決まる
第2章 2山くずしで,山のサイズが同じなら後手必勝,違えば先手必勝
第3章 役割区別なしの交互型ゲームはあるサイズの1山くずしと等価
第4章 2人のチェスのチャンピオンと同時対戦して1人に負けない方法がある
第5章 2者択一予言の的中率を一定値に保証できる
第6章 相手も自分も合理的に行動するなら両者の選択は予測できるか
第7章 慎重な投資と大胆な投資はどちらがよいか
第8章 会社合併問題は合計人数最小の2社を合併すればよい
第9章 理想的なコンピュータも勝てない判定ゲームが存在する
おわりに――21世紀,そしてこれからの必勝法
徳田雄洋(とくだ たけひろ)
1951年,東京に生まれる.1977年,東京工業大学大学院博士課程中退.理学博士.
カーネギーメロン大学(1983~84年)およびピサ大学(1999年)で客員科学者.
2016年3月まで東京工業大学大学院教授.東京工業大学名誉教授.
専門:ソフトウェア生成系,情報ネットワーク.
著書:『論理的に解く力をつけよう』(岩波ジュニア新書),『デジタル社会はなぜ生きにくいか』(岩波新書),『コンパイラの基礎』(サイエンス社)など.
ページトップへ戻る