平成の天皇制とは何か

制度と個人のはざまで

明仁天皇と美智子皇后が自らの発言や行動を通じて作りあげてきた象徴天皇制の内実を分析・検証し,「代替わり」後の行方を論じる.

平成の天皇制とは何か
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 吉田 裕 , 瀬畑 源 , 河西 秀哉
ジャンル 書籍 > 単行本 > 歴史
刊行日 2017/07/27
ISBN 9784000247238
Cコード 0021
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 272頁
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
現代社会において象徴天皇制はどのような機能を有し,その中で明仁天皇はどのような役割を果たしているのか――.天皇夫妻が自らの行動を通じて作りあげてきた象徴天皇制の実態やあり方を分析・検証するとともに,「代替わり」後の象徴天皇制の行方を縦横に論じる.執筆者は編者のほか,冨永望・西村裕一・舟橋正真・森暢平・山口輝臣・渡辺治.
はじめに 象徴天皇制とは何か――制度と個人のはざまで ……………………… 河西秀哉

Ⅰ部 明仁天皇と美智子皇后――思想と行動
 1 明仁天皇論――近代君主制と「伝統」の融合 …………… 瀬畑源
 2 美智子皇后論――そのイメージと思想・行動 …………… 河西秀哉

Ⅱ部 「平成流」とは何か――新しい天皇制の模索と定着
 1 柔らかな「統合」の形――公的行為の拡大と弱者へのまなざし …………… 冨永望
 2 「皇室外交」とは何か―― 「象徴」と「元首」 …………… 舟橋正真
 3 「平成流」平和主義の歴史的・政治的文脈 …………… 吉田裕
 4 宮中祭祀と「平成流」―― 「おことば」とそれに映る天皇像 …………… 山口輝臣

Ⅲ部 社会の中の天皇制 制度の中の天皇制
 1 メディア天皇制論―― 「物語」としての皇室報道 …………… 森暢平
 2 近年の天皇論議の歪みと皇室典範の再検討 …………… 渡辺治
 3 「象徴」とは何か――憲法学の観点から …………… 西村裕一

〈座談会〉 「平成」の終焉と天皇制の行方 …………… 吉田 裕・瀬畑 源・河西秀哉

【資料】 「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」
【編者】

吉田裕(よしだ ゆたか)
1954年生まれ.一橋大学教授

瀬畑源(せばた はじめ)
1976年生まれ.長野県短期大学助教

河西秀哉(かわにし ひでや)
1977年生まれ.神戸女学院大学准教授


【執筆者】

冨永望(とみなが のぞむ)
1974年生まれ.京都大学大学文書館助教

舟橋正真(ふなばし せいしん)
1982年生まれ.立教大学助教

山口輝臣(やまぐち てるおみ)
1970年生まれ.東京大学准教授

森暢平(もり ようへい)
1964年生まれ.成城大学教授

渡辺治(わたなべ おさむ)
1947年生まれ.一橋大学名誉教授

西村裕一(にしむら ゆういち)
1981年生まれ.北海道大学准教授

書評情報

朝日新聞(朝刊) 2017年9月3日
ページトップへ戻る