マフィア国家

メキシコ麻薬戦争を生き抜く人々

麻薬と犯罪に侵食され,おびただしい犠牲者が生み出されているメキシコ麻薬戦争.何が起きているのか.最前線からの報告.

マフィア国家
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 工藤 律子
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
刊行日 2017/07/27
ISBN 9784000248242
Cコード 0036
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 256頁
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
格差の増大と政府の失策により,麻薬カルテルに侵食されるメキシコ社会.この10年間に15万人以上の犠牲者と3万人を超える行方不明者が生み出された.国際社会をも震撼させる麻薬戦争の震源地で何が起きているのか,そして人々は暴力にどのように抗しているのか.その最前線の町に入った本格ルポルタージュ.
プロローグ

1 麻薬戦争の町シウダー・フアレスに生きる
 カルテルと軍と警察の町/子どもたちは遊び場を失った/溢れる犯罪、見えない希望/一〇年、二〇年後への不安

2 子どもたちを飲み込む暴力
 殺し屋になった少年/非暴力を説く元ギャング・リーダー/ギャングを生んだもの、変えたもの/モンテレイへ/役人の意識を変える/ロス・セタスの影/「戦争避難民」を支える/カルテルから逃げる少年/日本人も危機管理/二人の勇敢な女性たち/カウセ・シウダダーノの挑戦/非暴力ワークショップ/刑務所で得た悟り/高校生と対話する

3 立ち上がる人々
 疑惑の大統領と市民運動/最初に立ち上がった者たち/増える失踪者/詩人の決意/PRIと米国の功罪/アヨツィナパ・ケース/失踪者の家族たち/家族を探す

4 マフィア国家の罠
 シウダー・フアレス、再び/暴力のなかで育った子どもたち/ジャーナリストの闘い/地方政治を変える/首都に迫りくる恐怖/ギャングの変貌/分断される被害者家族/それでも兄を探す

5 国家の再建
 マフィア的平和/対話するメキシコ/メキシコの再生

エピローグ

あとがき
工藤律子(くどう りつこ)
1963年,大阪府生まれ.ジャーナリスト.著書に『仲間と誇りと夢と』(JULA出版局),『ストリートチルドレン』(岩波ジュニア新書),『ルポ 雇用なしで生きる』(岩波書店)など.『マラス―暴力に支配される少年たち』(集英社)で第14回開高健ノンフィクション賞受賞.NGO「ストリートチルドレンを考える会」共同代表.

書評情報

週刊読書人 2017年8月4日
ページトップへ戻る