貧困と飢饉

大飢饉はなぜ,どのようにして起こったか?

貧困と飢饉
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 アマルティア・セン , 黒崎 卓 , 山崎 幸治
通し番号 学術366
ジャンル 書籍 > 岩波現代文庫 > 経済
刊行日 2017/07/14
ISBN 9784006003661
Cコード 0133
体裁 A6 ・ 並製 ・ カバー ・ 448頁
定価 本体1,540円+税
在庫 在庫あり
20世紀に世界各地で発生した「大飢饉」の原因は,一国レベルの食料総供給量の不足であるという通説を否定し,人々が十分な食料を手に入れる権原(能力と資格)が損なわれた結果であるということを実証的に解明.開発経済学に新たな地平を切り開き,後の「不平等理論」にも影響を与えた画期的な書.1998年ノーベル経済学賞受賞.
訳者まえがき
まえがき

第一章 貧困と権原
 1 権原と所有
 2 交換権原
 3 生産様式
 4 社会保障と雇用権原
 5 食料供給と飢餓

第二章 貧困の概念
 1 貧困の概念に必要なもの
 2 生物学的アプローチ
 3 不平等アプローチ
 4 相対的剝奪
 5 価値判断?
 6 政策上の定義?
 7 基準と集計
 8 結 語

第三章 貧困――特定と集計
 1 財と特性
 2 直接法か所得法か
 3 家族規模と同等成人
 4 貧困ギャップと相対的剝奪
 5 標準的指標の批判
 6 貧困指標の公準的導出とその変形

第四章 飢餓と飢饉
 1 飢 饉
 2 期間のとり方による違い
 3 集団ごとの違い

第五章 権原アプローチ
 1 賦存量と交換
 2 飢餓と権原の失敗
 3 権原アプローチの限界
 4 直接的権原の失敗と交易権原の失敗

第六章 ベンガル大飢饉
 1 概 略
 2 食料供給の危機か?
 3 交換権原
 4 困窮化の階層的基盤
 5 交換権原の極端な変化の原因
 6 政策の失敗における理論の役割

第七章 エチオピア飢饉
 1 一九七二〜七四年の飢饉
 2 食料供給量
 3 ウォロ――輸送の制約か,権原の制約か?
 4 生活困窮者たちの経済的背景
 5 農民の貧窮と権原
 6 牧畜権原と遊牧民
 7 結 語

第八章 サヘル地域の旱魃と飢饉
 1 サヘル地域,旱魃,そして飢饉
 2 FAD 対 権原
 3 困窮と権原
 4 政策上の諸問題

第九章 バングラデシュ飢饉
 1 洪水と飢饉
 2 食料輸入と政府備蓄
 3 食料総供給量の減少?
 4 被災者の職業分布と困窮化の度合い
 5 労働力の交換権原
 6 焦点に関する疑問

第一〇章 権原と剝奪
 1 食料と権原
 2 貧困層――正当な範疇?
 3 世界の食料供給と飢餓
 4 市場と食料の移動
 5 権原の失敗としての飢饉

講演 飢餓撲滅のための公共行動

訳者解説

参考文献
事項索引
人名索引
アマルティア・セン(Amartya K. Sen)
1933年インド・ベンガル地方生まれ.59年ケンブリッジ大学で経済学博士号取得.2004年よりハーバード大学教授.98年ノーベル経済学賞を受賞.

黒崎卓(くろさき たかし)
1964年生まれ.87年東京大学教養学部卒業,95年スタンフォード大学食糧研究所大学院博士課程修了(Ph.D. 取得).現在,一橋大学経済研究所教授.

山崎幸治(やまざき こうじ)
1962年生まれ.86年一橋大学社会学部卒業,97年ウィスコンシン大学経済学部大学院博士課程修了(Ph.D. 取得).現在,神戸大学国際協力研究科教授.

書評情報

週刊文春 2017年8月31日号
公明新聞 2017年7月24日
ページトップへ戻る