新刊

芥川追想

没後90年,芥川文学の魅力を明かす回想集

芥川追想
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 石割 透
通し番号 緑201-2
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 緑(現代日本文学)
刊行日 2017/07/14
ISBN 9784003120125
Cコード 0195
体裁 文庫 ・ 528頁
定価 本体1,000円+税
在庫 在庫あり
1927年7月24日,大正文壇の騎手・芥川が,「唯ぼんやりとした不安」という言葉を残して世を去った.読書界は元より広く国民に衝撃を与え,大きな時代の転換を予感させた.旧友,元同僚,同時代の作家たち,家族……,人間芥川と関わった48人の随想から,記憶の中の作家の素顔が立ち現われる.没後90年,芥川文学の変わらぬ魅力に迫る回想集.
ページトップへ戻る