新刊

婚姻の話

結婚を促してきた仕掛けを考える

婚姻の話
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 柳田 国男
通し番号 青138-10
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 青(日本思想)
刊行日 2017/07/14
ISBN 9784003812204
Cコード 0139
体裁 文庫 ・ 368頁
定価 本体970円+税
在庫 在庫あり
人はどうやって結婚相手を見つけ,子をなすのか? 既成の学問が問うてこなかった婚姻習俗の歴史と意味を,柳田国男(1875―1962)は積極的に論じた.「嫁入」ではなく「聟入」が婚姻の主流であったこと,娘宿・若者宿の結婚相手の選択や性教育の場としての機能,家における主婦の権威など.本書は,婚姻における個人の自由が保障された戦後直後,今後の結婚問題を考えるために提示された味わい深い読み物である.(解説=上野千鶴子)
ページトップへ戻る