新刊
これから出る本

アイヒマン調書

ホロコーストを可能にした男

アイヒマン調書
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 ヨッヘン・フォン・ラング , 小俣 和一郎
通し番号 学術367
ジャンル 書籍 > 岩波現代文庫 > 世界史・日本史
刊行日 2017/08/18
ISBN 9784006003678
Cコード 0122
体裁 A6 ・ 並製 ・ カバー ・ 448頁
定価 本体1,460円+税
在庫 未刊・予約受付中
ナチスによるユダヤ人殺戮のキーマン,親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン.戦後アルゼンチンに逃亡していた彼を,1960年にイスラエルの情報機関モサドが拘束.全世界が注目するアイヒマン裁判の準備にあたり,イスラエル警察によって8ヶ月,275時間にわたる尋問が行われた.自らの父親も殺戮の犠牲者である尋問官との,迫真の駆け引きから浮かび上がるアイヒマンの人間像とは? 歴史の事実と将来のあらゆる可能性を直視し,「悪の凡庸さ」を超えて,人間存在の理解を深める必須史料.(解説=芝健介)
まえがき
第一部 親衛隊員番号45326
第二部 追放・移送・抹殺
第三部 強制収容所との関係
第四部 最終解決
第五部 ハンガリー作戦
第六部 終戦から逃亡へ
あとがき

訳 注
訳者あとがき
現代文庫版訳者あとがき――歴史と記憶
解 説……………芝健介
ヨッヘン・フォン・ラング(Jochen von Lang)
1925―2003年.ドイツ・ベルリン生まれ.雑誌『シュテルン』現代史編集局に勤務.現代史シリーズ『ヒトラー帝国最後の一〇〇日』『われわれと同じ殺人者』で知られる.ZDF(第二ドイツテレビ)ではシリーズ番組『証人は語る』の原作者及び監督を務める.編著に『アドルフ・ヒトラー 独裁者の顔』(未邦訳)など.

小俣和一郎(おまた わいちろう)
1950年東京都生まれ.精神科医,精神医学史家.著書に『近代精神医学の成立』『精神医学とナチズム』『ドイツ精神病理学の戦後史』ほか多数.訳書にW・グリージンガー『精神病の病理と治療』(共訳)など.
ページトップへ戻る