新刊
これから出る本

日本文化をよむ

5つのキーワード

日本文化をよむ
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 藤田 正勝
通し番号 新赤版 1675
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 哲学・思想
刊行日 2017/08/22
ISBN 9784004316756
Cコード 0210
体裁 新書 ・ 224頁
定価 本体780円+税
在庫 未刊・予約受付中
異なる文化のあいだでの腰を据えた〈対話〉がますます求められる時代.そのためにはまず自文化の基礎的な知識を得る必要がある.本書では西田幾多郎の思想をヒントに,西行の「桜」,親鸞の「悪」など5つのキーワードから,日本文化の根底にあるものの見かた,美意識のありかたを素描.日本文化の一つの〈自画像〉を描く.
序──日本文化の自画像を描く

第一章  西行の「心」──無常の世と詠歌懸命の道
 1 「心」を凝視した歌人
 2 出家として、「歌よみ」として
 3 西行とその時代
 4 西行の境涯

第二章  親鸞の「悪」──末法の世における救い
 1 末法の世に
 2 徹底した「悪」の自覚
 3 逆説としての救い

第三章  長明と兼好の「無常」──二人の遁世者
 1 遁世のさまざまな形
 2 長明の最後の境地
 3 兼好の無常観
 4 「つれづれわぶる」生

第四章  世阿弥の「花」──能と禅の交わり
 1 無常と「飛花落葉」
 2 室町文化と世阿弥の能
 3 「花」と「幽玄」
 4 無心と妙――たどりついた境地

第五章  芭蕉の「風雅」 ──わび・さびと「自然」
 1 西行から利休を貫くもの
 2 「わび」と「さび」
 3 風雅の誠――「成る句」と「する句」
 4 自然の声を聞く
 5 漂泊と風狂の生

終 章  西田幾多郎の日本文化論 ──世界主義という視点
 1 時代の流れのなかで
 2 世界文化の創造にむけて

あとがき
引用・参考文献  195
藤田正勝(ふじた まさかつ)
1949年三重県に生まれる
1978年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
1982年ドイツ・ボーフム大学大学院ドクター・コース修了
専攻─哲学,日本哲学史
現在─京都大学大学院総合生存学館教授
編著─『若きヘーゲル』(創文社)
 『日本近代思想を学ぶ人のために』(編著,世界思想社)
 『西田幾多郎の思索世界──純粋経験から世界認識へ』(岩波書店)
 『西田幾多郎──生きることと哲学』『哲学のヒント』(以上2点,岩波新書)
 『新版西田幾多郎全集』全24巻(共編,岩波書店)
 『田辺元哲学選』全4冊(編,岩波文庫)ほか
ページトップへ戻る