漱石先生の手紙が教えてくれたこと

漱石もいろいろ悩み、考えて生きてきた!

漱石先生の手紙が教えてくれたこと
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 小山 慶太
通し番号 ジュニア新書 858
ジャンル 書籍 > 岩波ジュニア新書 > 生活・生き方
刊行日 2017/08/22
ISBN 9784005008582
Cコード 0295
体裁 新書 ・ 240頁
定価 本体880円+税
在庫 在庫あり
「あせってはいけません」「牛のように図図しく進んでいくのが大事」.漱石の書き残した,弟子を始めとする若い人々への手紙は,小説とは違った感慨を読む者に与える.綴られる励まし,ユーモア,人としての深さは,今を生きる人にとっても,温かなエールとなるだろう.示唆に富む手紙から文豪・漱石の新たな一面が見えてくる.
はじめに

序章 吾輩は手紙好き人間である
 夏目家に電話が引かれた日/漱石が書いた手紙の数/漱石山脈と木曜会/肝癪もち漱石の包容力/漱石が小学生に送った手紙/『坊っちゃん』――「清」から「坊っちゃん」への手紙/名作の力/手紙は漱石を知るキーワード

1章 孤独と向き合う――顧りみるもの一人も無
俳句を介した漱石と寺田寅彦の縁/気のすすまぬロンドン行き/書物に対する強い飢餓感/作家ギッシングと漱石/「クレイグ先生」/ロンドンから妻に宛てたラブレター/漱石の下宿を訪れた日本人化学者/科学への関心のたかまり/ロンドンに届いた子規の訃報/子規追悼の句/泉下の子規に宛てた〝手紙〟

 コラム1 漱石の理想の美人

2章 人生の決断に迷ったとき――死ぬまで進歩するつもりでやればいい
 我儘を貫いた漱石/険しい船出/漱石のシェイクスピア講義/「猫」に同化した漱石/漱石の文名とみに上がる/『坊っちゃん』の登場人物のモデル探し/作家の考えと批評家の見識/志士の激しい精神で文学をやりたい/死ぬまで進歩するつもり/夏目先生の卒業論文講評/やめたきは教師、やりたきは創作/大学をやめ新聞社へ入社/「入社の辞」

 コラム2 漱石の声、再生の試み

3章 決めた道で困難に出会ったとき――自分は自分流にするのが義務
 『虞美人草』の執筆と漱石の逆鱗/「猫」の死亡通知/『文学評論』の出版/門下生が流した三〇年後の涙/科学の指南役、寺田寅彦/修善寺の大患/漱石の死生観/大塚楠緒子の死/博士号辞退騒動/博士制度の問題点/湯川胃腸病院に入院/雛子の死と『彼岸過迄』/明治から大正へ

 コラム3 博士号辞退騒動の後日談

4章 戦うよりも許すこと――それが人間の修養
 安部能成の結婚/岡本一平『探訪画趣』/見知らぬ読者へ送った手紙/ある女の告白と『硝子戸の中』/まだひょろひょろしている/〝パトロネージ〟の精神/京都でまたもや病臥/武者小路実篤に宛てた漱石の手紙/『道草』の連載

 コラム4 漱石は愛犬家

終章 吾輩は自己の天分を尽くすのである
 いつまでも生きる気でいる/芥川龍之介への手紙/『明暗』の推敲を示す手紙/トルストイ流と漱石流/漱石の漢詩/絶筆

主要参考文献
小山慶太(こやま けいた)
1948年,神奈川県生まれ.早稲田大学理工学部卒業,理学博士.現在,早稲田大学社会科学総合学術院教授.専攻は科学史.著書に『ノーベル賞でつかむ現代科学』(岩波ジュニア新書),『漱石,近代科学と出会う』(NHK出版),『入門現代物理学』『科学史人物事典』『寺田寅彦』『科学史年表』(以上,中公新書),『光と重力』(講談社ブルーバックス),『若き物理学徒たちのケンブリッジ』(新潮文庫),『ノーベル賞でたどる物理の歴史』(丸善出版),『科学歳時記一日一話』『エネルギーの科学史』(以上,河出ブックス)など多数.

書評情報

日本経済新聞 2017年10月7日
ページトップへ戻る