新刊
これから出る本

マンボウのひみつ

お待たせしました! かたち・生態・分類・都市伝説まで,まるごと一冊マンボウの本がついに登場!

マンボウのひみつ
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 澤井 悦郎
通し番号 859
ジャンル 書籍 > 岩波ジュニア新書 > 生物・化学・環境
刊行日 2017/08/22
ISBN 9784005008599
Cコード 0245
体裁 新書 ・ 208頁
定価 本体1,000円+税
在庫 未刊・予約受付中
人気者なのに謎すぎる魚・マンボウ.なんであんな形なの? 夜光る,すぐ死ぬ,おぼれる人を助けた,3億個産卵して生き残るのは2匹……伝説の真相は? 古い文献探しから先端技術での生態調査,料理やサブカルまで,マンボウのひみつを解き明かそうと挑んだ若き研究者が,悲喜こもごもの研究ワールドへご招待!<カラー頁多数>
はじめに
マンボウ図鑑/マンボウなんでも博物館/マンボウ料理

I 体のつくりを徹底解剖
1 マンボウが魚であることの証明/2 マンボウのかたち/3 マンボウの解剖(内部形態)
 ○トピック 1 魚の絵や写真はなぜ左向き?/2 魚の模様と方向/3 魚の計測/4 どっちが雄でどっちが雌?

II 化石もあるマンボウの仲間
1 「マンボウの何が知りたい?」アンケート/2 種と分類/3 和名と学名/4 現生種と化石種/5 現在も存在する種/6 現在は存在しない種/7 マンボウはフグの仲間/8 フグはどうやってマンボウに進化した?
 ○トピック 5 沖縄にいる赤いマンボウとは?

III ウシマンボウの謎
1ずっとマンボウが好きだった/2 分類の世界的基準/3 マンボウ研究は難しい/4 広島大学初代マンボウ研究者の時代/5 二代目の時代/6 三代目の時代
 ○トピック 6 生き残った個体

IV バイオロギングが暴く生態の謎
1 可能性のツール「バイオロギング」/2 疑問を持つことから研究は始まる/3 浮力はどこから得ているのか?/4 尾鰭なしでどうやって泳いでいるのか?/5 「のろまなマンボウ」は本当か?/6 東日本大震災に負けない/7 バイオロギングが解き明かした謎/8 昼寝の謎/9 回避の謎
 ○トピック 7 分類屋vs.生態屋/8 魚も寝る

V みんな気になる生態の最新情報
1 天敵・捕食者/2 摂餌・食性/3 寄生と共生/4 分布域/5 成長過程/6 成熟・産卵/7 視野・視力/8 重さ・長さ
 ○トピック 9 鰓に入り込むコバンザメ

VI マンボウと人がつむいできた歴史
1 マンボウ塚/2 人類最古のマンボウの記述と絵/3 学名の語源/4 日本最古の記述と絵/5 「マンボウ」という名が全国普及した理由/6 和名の語源と命名者/7 水族館の挑戦/8 変わりゆくイメージ/9 絶滅危惧種指定/10 食材としての歴史と可食部位/11 食卓のマンボウ/12 毒はあるのか? 薬効は?/13 漁獲方法と数え方
 ○トピック 10 マンボウの地方名/11 町のシンボル

Ⅶ マンボウの民俗今昔―伝承から都市伝説まで
1 夜に光り輝く?/2 禁忌/3 大漁祈願/4 魚をいやす海の医者/5 おぼれた人を助ける/6 死ぬ瞬間に目を閉じる/7 切り身は一晩放置すると水になって消える/8 死因にまつわる都市伝説/9三億個産み生き残るのは二匹/10 ライフル銃でも貫通しない?――皮膚は弱いのか?
 ○トピック 12 マンボウを研究するには?

おわりに
マンボウが見られる水族館/図版出典・提供/参考文献
澤井悦郎(さわい えつろう)
1985年生まれ.農学博士.幼少期からマンボウの魅力に取りつかれ,いばらの道と知りながらマンボウと共に生きることを決意.文理両道のアプローチでさまざまな視点(分類学・生態学・民俗学)からマンボウをライフワークとして研究中.
2007年近畿大学農学部水産学科卒業,2015年広島大学大学院生物圏科学研究科博士課程修了.広島大学グローバルキャリアデザインセンター特別研究員を経て,無職.
現在は国立研究開発法人水産研究・教育機構国際水産資源研究所の研究等支援職員だが,任期付き.安定してマンボウ研究ができる環境を求めている.
著書に,分担執筆した『黒潮の魚たち』(東海大学出版会).また,サークル「マンボウなんでも博物館」でアーティストとしても活動中.
2013年岩手県三陸海域研究論文(学生の部)岩手県知事賞受賞,2017年タモリ倶楽部に出演.
ページトップへ戻る