「分かち合い」社会の構想

連帯と共助のために

他者の痛みを分かち合い,人間が支え合える社会はどうすれば可能か.気鋭の学者らが具体的に構想.

「分かち合い」社会の構想
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 神野 直彦 , 井手 英策 , 連合総合生活開発研究所
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
刊行日 2017/09/22
ISBN 9784000612180
Cコード 0036
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 256頁
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
ポピュリズムや排外主義が世界を覆うなか,人と人の絆は分断され,富の奪い合いが進む.他者の痛みを分かち合い,お互いが支え合える社会はどうすれば可能か.労働と生活を研究するシンクタンクと気鋭の学者らが討議を重ね,労働,環境,生活保障,教育,地域,政治,財政の視点から,人間らしい社会への道筋を具体的に構想する.
はじめに……………中城吉郎

序 章 「分断」と「奪い合い」を越えて――どんな社会を目指すのか……………神野直彦
第一章 雇用・労働における「自己決定」の確立……………禿あや美
第二章 環境保全型社会と福祉社会の統合……………伊藤康 
第三章 リスク社会における新たな生活保障――ライフステージの変化を基軸に……………松本淳
第四章 誰もが質の高い教育をひとしく受けられる社会……………広田照幸
第五章 自律と支え合いによる農村の再生――都市と農村の二項対立を越えて……………坂本誠
第六章 〈私たち〉による社会へ――参加型民主主義の構築のために……………田村哲樹
第七章 「奪い合い」から「分かち合い」の財政へ……………井手英策
終 章 「分かち合い」社会の可能性……………井手英策
【編者】

神野直彦(じんの・なおひこ)
1946年生まれ.東京大学経済学部卒業後,1981年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了単位取得退学.現在,日本社会事業大学学長,東京大学名誉教授.財政学.著書に『「分かち合い」の経済学』(岩波新書),『財政のしくみがわかる本』(岩波ジュニア新書),『「人間国家」への改革――参加保障型の福祉社会をつくる』(NHKブックス)など.

井手英策(いで・えいさく)
1972年生まれ.東京大学経済学部卒業後,2000年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了.現在,慶應義塾大学経済学部教授.財政学.著書に『経済の時代の終焉』(岩波書店,第15回大佛次郎論壇賞),『日本財政 転換の指針』(岩波新書),『18歳からの格差論』(東洋経済新報社)など.

連合総合生活開発研究所(れんごうそうごうせいかつかいはつけんきゅうじょ)
1987年12月,労働組合「連合」のシンクタンクとして設立.勤労者とその家族の生活向上,経済の健全な発展と雇用の安定に寄与することを目的に,内外の経済・社会・産業・労働・福祉問題など,幅広い調査・研究活動を進めている.
URL http://www.rengo-soken.or.jp/


【執筆者】

伊藤 康(いとう・やすし)
1965年生まれ.千葉商科大学人間社会学部教授.環境経済学・環境政策史.著書に『環境政策とイノベーション――高度成長期日本の硫黄酸化物対策の事例研究』(中央経済社)など.

禿あや美(かむろ・あやみ)
1974年生まれ.跡見学園女子大学マネジメント学部准教授.社会政策.著書に『同一価値労働同一賃金原則の実施システム――公平な賃金の実現に向けて』(共著,有斐閣),「非正規労働者の多様化と労働組合」(『日本労働研究雑誌』No.672所収)など.

坂本 誠(さかもと・まこと)
1975年生まれ.NPO法人ローカル・グランドデザイン理事,公益財団法人地方自治総合研究所客員研究員.農山村問題・地方自治.著書に『地域は消えない』(共著,日本経済評論社)など.

田村哲樹(たむら・てつき)
1970年生まれ.名古屋大学大学院法学研究科教授.政治学・政治理論.著書に『熟議民主主義の困難――その乗り越え方の政治理論的考察』(ナカニシヤ出版),『政治理論とフェミニズムの間――国家・社会・家族』(昭和堂)など.

広田照幸(ひろた・てるゆき)
1959年生まれ.日本大学文理学部教授.教育社会学.著書に『格差・秩序不安と教育』(世織書房),『教育は何をなすべきか――能力・職業・市民』(岩波書店)など.

松本 淳(まつもと・あつし)
1971年生まれ.大阪市立大学大学院経済学研究科准教授.財政学.著書に『希望の構想――分権・社会保障・財政改革のトータルプラン』(共著,岩波書店)など.

書評情報

日本経済新聞(夕刊) 2017年10月12日
ページトップへ戻る