誰の健康が優先されるのか

医療資源の倫理学

すべての患者を完全に治療することができない時──

誰の健康が優先されるのか
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 グレッグ・ボグナー , イワオ・ヒロセ , 児玉 聡 監訳
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
刊行日 2017/09/28
ISBN 9784000612203
Cコード 0012
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 328頁
定価 本体3,700円+税
在庫 在庫あり
医療資源は有限で,すべての患者に十分に行き渡るよう配分するのは不可能である.医療資源配分の意思決定はどう行われるべきかを,具体的事例をあげながら倫理学的な問いとして考察.ハーバード大学最先端の研究成果.
日本語版への序文
謝辞

序章

第1章 倫理学と医療
 1.予防接種プログラム
 2.医療の配給の遍在性
 3.医療の配給の不可避性
 4.道徳的論証
 第1章のまとめ/議論のための問い/読書案内

第2章 健康の価値
 1.福利と健康
 2.健康関連QOL
 3.質を調整した尺度
 4.疾病の負担
 5.誰に尋ねるべきか?
 第2章のまとめ/議論のための問い/読書案内

第3章 倫理と費用対効果
 1.費用効果分析とは何か?
 2.健康利益の計算
 3.費用効果分析はどのように用いられているか
 4.公正による重み付け
 5.割 引
 第3章のまとめ/議論のための問い/読書案内

第4章 差別の問題
 1.二つの攻撃ライン
 2.障害者差別
 3.フェア・イニング論
 4.年齢加重と疾病負担
 5.それ以外の道徳的考慮
 第4章のまとめ/議論のための問い/読書案内

第5章 健康利益の集計
 1.集計問題
 2.人数問題
 3.公正な機会
 4.患者の選択
 5.より状況の悪い者を優先する
 第5章のまとめ/議論のための問い/読書案内

第6章 健康に対する責任
 1.平等と運
 2.もう一つの提案
 3.喫煙者には本当に責任があるのか?
 4.健康の社会的勾配
 5.社会正義と医療の配給
 第6章のまとめ/議論のための問い/読書案内

結 論

用語集
索 引
グレッグ・ボグナー(Greg Bognar)
スウェーデン,ストックホルム大学哲学部上級講師.専門は倫理学,政治哲学.中央ヨーロッパ大学(CEU)大学院修了(Ph.D.).ハーバード大学,ニューヨーク大学,豪ラ・トローブ大学等で教鞭をとり,現職.主要論文“FairInnings,” Bioethics, 2015 など.

イワオ・ヒロセ(広瀬 巌)
カナダ,マギル大学哲学部および環境学部准教授.専門は道徳哲学.早稲田大学大学院経済学研究科,英国セントアンドリュース大学大学院修了(Ph.D.).オックスフォード大学,ハーバード大学の研究員を歴任し,現職.著書『平等主義の哲学――ロールズから健康の分配まで』(齊藤拓訳,勁草書房,2016)など.
ページトップへ戻る