岩波科学ライブラリー

日本の地下で何が起きているのか

日本は大地変動の時代に入った.地震や噴火は続き,「西日本大震災」が迫る.何を準備すべきか,命を守る行動を説く.

日本の地下で何が起きているのか
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 鎌田 浩毅
通し番号 266
ジャンル 書籍 > 自然科学書 > 岩波科学ライブラリー
書籍 > 岩波科学ライブラリー > 宇宙・地球
シリーズ 岩波科学ライブラリー
刊行日 2017/10/18
ISBN 9784000296663
Cコード 0344
体裁 B6 ・ 並製 ・ カバー ・ 168頁
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
東日本大震災が引き金となって,日本の地盤は千年ぶりの「大地変動の時代」に入ってしまった.内陸の直下型地震や火山噴火は数十年続き,2035年には「西日本大震災」が迫っている.富士山は噴火するのか.カルデラ噴火は起こるのか.市民の目線で本当に必要なことのすべてを,伝える技術を総動員して紹介.いま何を準備すべきなのか,命を守る行動を説く.
はじめに

1 熊本地震と豊肥火山地域──いつ終息するのか
2 必ず来る南海トラフ巨大地震
3 活断層と首都直下地震
4 活動期に入った日本列島の活火山
5 富士山はいつまでも「美しい山」か
6 カルデラ噴火は起きるか
7 「想定外」に起きる災害への対処──「知識」から「行動」へ

おわりに──「大地変動の時代」にこそ地球の知識
鎌田浩毅(かまた ひろき)
1955年生まれ.東京大学理学部卒業.通産省を経て1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授.
理学博士.専門は火山学・地球科学・科学教育.テレビ・雑誌・新聞で科学を明快に解説する「科学の伝道師」.京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価.著書に『火山噴火』(岩波新書),『地球は火山がつくった』(岩波ジュニア新書),『火山と地震の国に暮らす』(岩波書店),『地球の歴史(上・中・下)』(中公新書),『富士山噴火』『地学ノススメ』(ともに講談社ブルーバックス),『一生モノの超・自己啓発』(朝日新聞出版),『座右の古典』(東洋経済新報社),『世界がわかる理系の名著』(文春新書)など.
【ホームページ】http://www.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~kamata/

書評情報

J-CAST BOOKウォッチ 2017年12月5日
日経サイエンス 2018年1月号
週刊東洋経済 2017年11月25日号
ページトップへ戻る