岩波ブックレット

教育勅語の何が問題か

教育勅語の理念とは何か.社会に,アジアに何をもたらしたのか.教育史研究の成果を結集して,その急所を解説する.

教育勅語の何が問題か
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 教育史学会
通し番号 974
ジャンル 書籍 > 岩波ブックレット > 子ども・教育
シリーズ 岩波ブックレット
刊行日 2017/10/05
ISBN 9784002709741
Cコード 0336
体裁 A5 ・ 並製 ・ 72頁
定価 本体580円+税
在庫 在庫あり
1948年,教育勅語は公教育から排除された――それは教育勅語のうたう理念と,勅語がもたらした現実が,自由と民主を掲げる戦後社会に根本的に馴染まないからだ.学校教育に,社会に,そしてアジアに大きな歪みをもたらしたその歴史を,教育史研究の成果を結集して解説する.一冊で論点がわかる必携の書.
まえがき……………米田俊彦

第一章 教育勅語の構造と解釈……………高橋陽一
 コラム1 教育勅語ができるまで

第二章 不敬と殉職――学校で何が起こっていたのか―― ……………小股憲明
 コラム2 教育勅語渙発五棚周年記念切手

第三章 教育勅語と植民地支配……………樋浦郷子
 コラム3 植民地の「御真影」

あとがき……………米田俊彦

参考文献
資料1 教育勅語に関する戦後の国会決議
資料2 「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)の教材使用に関する声明
〈編者〉
教育史学会(きょういくしがっかい)
1956年創立.会員数約850名.日本教育史,東洋教育史,西洋教育史の三部門に分かれ,日本における教育史学研究者の緊密な連携を図っている.代表理事は米田俊彦.
http://kyouikushigakkai.jp


〈執筆者〉

米田俊彦(よねだ・としひこ):まえがき,あとがき
お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系(教育科学担当)教授.教育史学会代表理事.専攻は日本の教育制度・政策史.主著に『現代教育史事典』(共編著,東京書籍,2001年),『近代日本教育関係法令体系』(港の人,2009年)がある.

高橋陽一(たかはし・よういち):第一章
武蔵野美術大学造形学部教授.専攻は日本教育史(宗教教育・国学).主著に『教育通義』(武蔵野美術大学出版局,2013年),『道徳科教育講義』(伊東毅と共著,武蔵野美術大学出版局,2016年)がある.

小股憲明(おまた・のりあき):第二章
大阪芸術大学短期大学部保育学科教授.近代日本教育史.主著に『近代日本の国民像と天皇像』(大阪公立大学共同出版会,2005年),『明治期における不敬事件の研究』(思文閣出版,2010年)がある.

樋浦郷子(ひうら・さとこ):第三章
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部准教授.専攻は教育史.著書に『神社・学校・植民地――逆機能する朝鮮支配』(京都大学学術出版会,2013年)がある.

書評情報

しんぶん赤旗 2017年10月15日
ページトップへ戻る