岩波ブックレット

リニア新幹線が不可能な7つの理由

超巨大事業,リニア中央新幹線.それは何を壊し,何を実現しようとしているのか.そもそも,この事業は実現可能なのか――.

リニア新幹線が不可能な7つの理由
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 樫田 秀樹
通し番号 975
ジャンル 書籍 > 岩波ブックレット > 社会
シリーズ 岩波ブックレット
刊行日 2017/10/05
ISBN 9784002709758
Cコード 0336
体裁 A5 ・ 並製 ・ 64頁
定価 本体520円+税
在庫 在庫あり
夢のような宣伝文句とともに,事業費10兆円を超すリニア中央新幹線の建設工事が始まった.しかし,未熟なリニア技術の安全性や南アルプスをぶちぬくトンネル工事,その残土の行き場や住民の反対,そして見通せない採算性など,行く手には多くの困難が立ちふさがる.現場に足を運びつづけるジャーナリストが徹底検証する.
はじめに
リニア計画とは?

難問1 膨大な残土
難問2 水涸れ
難問3 住民立ち退き
難問4 乗客の安全確保
難問5 ウラン鉱床
難問6 ずさんなアセスと,住民の反対運動
難問7 難工事と採算性

おわりに――住民・市民の声に耳を傾けられるか
樫田秀樹(かしだ ひでき)
ジャーナリスト.1959年,北海道生まれ.岩手大学卒業.コンピュータ関連企業勤務を経てフリーのジャーナリストに.取材やNGOスタッフとしての活動でアジア・アフリカ各地に赴く.著書に『“悪夢の超特急─リニア中央新幹線”(旬報社),『「新しい貯金」で幸せになる方法”(築地書館),『自爆営業”(ポプラ新書),編著書に『世界から貧しさをなくす30の方法”(合同出版)など.各誌に環境問題,社会問題,市民運動,人物ルポなどを寄稿.
ページトップへ戻る