新版 はじまりのレーニン

革命100年,誰も書かなかったレーニン論が甦る!

新版 はじまりのレーニン
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 中沢 新一
通し番号 学術368
ジャンル 書籍 > 岩波現代文庫 > 学術
刊行日 2017/10/17
ISBN 9784006003685
Cコード 0110
体裁 A6 ・ 並製 ・ カバー ・ 288頁
定価 本体1,140円+税
在庫 在庫あり
レーニンの笑いの底に潜む,生の律動に触れる思想とは何だったのか.西欧形而上学の底を突き破る,20世紀のグノーシス思想の可能性とは何か.1905年革命以降のレーニンの思想的遍歴の跡をたどり,弁証法的唯物論の特徴を鮮やかに浮かび上がらせる名著の新版.ロシア革命100年後の現代における本書の意義を記した序文を新たに付す.
はじめに
革命の源泉としての唯物論――新版のための序文
第一章 ドリン・ドリン!
第二章 笑いと唯物論
第三章 ヘーゲルの再発見
第四章 はじまりの弁証法
第五章 聖霊による資本論
第六章 グノーシスとしての党

結び 恐がらずに墓へ行ったレーニン

同時代ライブラリー版あとがき
岩波現代文庫旧版あとがき
唯物論の未来――新版あとがきに代えて
中沢新一(なかざわ しんいち)
1950年生まれ.東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期修了.宗教学宗教史学専攻.中央大学総合政策学部教授などを経て,現在,明治大学野生の科学研究所所長.著書に,『チベットのモーツァルト』(講談社学術文庫,サントリー学芸賞)『森のバロック』(講談社学術文庫,読売文学賞)『アースダイバー』(講談社,桑原武夫学芸賞)『対称性人類学』(講談社選書メチエ,小林秀雄賞)『熊楠の星の時間』(講談社選書メチエ)ほか.

書評情報

週刊文春 2017年12月7日号
ページトップへ戻る