新刊

国語学史

平安~明治期の文人や国学者の探究を跡づけ日本語の本質に迫らんとする,高らかな宣言と豊饒なる成果.

国語学史
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 時枝 誠記
通し番号 青N110-4
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 青(歴史・地理)
刊行日 2017/10/17
ISBN 9784003815045
Cコード 0181
体裁 文庫 ・ 320頁
定価 本体900円+税
在庫 在庫あり
日本語とはいかなる言語か? 『万葉集』『古事記』の注釈や,「てにをは」の役割,仮名遣いや表記法など,平安から明治期までの長い歴史のなかで,文人・国学者らが捉えてきた日本語の姿を明らかにする.西洋から移入された言語学の枠組みではなく,自前の「国語学史」から日本語の本質に迫らんとする時枝誠記(1900―67)の高らかな宣言とその豊饒なる成果.(解説=藤井貞和)
ページトップへ戻る