新刊
これから出る本

アウグスティヌス 「心」の哲学者

心に立ち返り,神と共に立て

アウグスティヌス 「心」の哲学者
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 出村 和彦
通し番号 新赤版 1682
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 宗教
刊行日 2017/10/20
ISBN 9784004316824
Cコード 0216
体裁 新書 ・ 208頁
定価 本体760円+税
在庫 未刊・予約受付中
「西欧の父」と讃え称されるアウグスティヌス(354―430).『告白』『神の国』などの著作をはじめ,永遠なる神を前にした人間の「心」を深く見つめるその思索は,自由意志の問題,悪の原因について,そして時間論にまで及ぶ.激動のローマ帝国末期,哲学と信仰を架橋し,知への愛と探究をとおしてキリスト教の道を歩んだ生涯を描く.
はじめに 「心」の哲学者

第Ⅰ章 アフリカに生まれて
 1 海を見なかった少年
 2 梨盗みの思い出
 3 恋を恋して
 4 漂泊者の心

第Ⅱ章 遅れてきた青年
 1 帝都ミラノにて
 2 別離と苦悩
 3 光の体験
 4 キリスト教への回心

第Ⅲ章 哲学と信仰と
 1 カッシキアクム
 2 モニカの死
 3 神の僕
 4 庭園の修道院

第Ⅳ章 一致を求めて
 1 『告白』の執筆
 2 ドナティスト分派
 3 旅と会議と執筆の日々
 4 貧者とともに

第Ⅴ章 古代の黄昏
 1 ペラギウス論争
 2 神の国と地の国
 3 最後の仕事

終 章 危機をくぐり抜けて

文献案内
アウグスティヌス略年譜
おわりに
出村和彦(でむら かずひこ)
1956年東京都生まれ
1979年東京大学文学部卒業,1989年東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学,岡山大学文学部講師,オーストラリアカトリック大学客員研究教授を経て,
現在─岡山大学大学院社会文化科学研究科教授
専攻─哲学・倫理学・キリスト教思想史
著訳書─『アウグスティヌスを学ぶ人のために』世界思想社(共著),「信仰と行為」(アウグスティヌス著作集27『倫理論集』所収)教文館,『アウグスティヌス伝』P.ブラウン著,教文館など
ページトップへ戻る