凍てつく海のむこうに

第二次大戦末期,九千余名の人びとがバルト海に沈んだ――.海運史上最大の惨事を,四人の若者の視点で描く歴史フィクション.

凍てつく海のむこうに
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 ルータ・セペティス , 野沢 佳織
ジャンル 書籍 > 児童書
対象年齢 > 中学生から
刊行日 2017/10/24
ISBN 9784001160123
Cコード 8097
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 400頁
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
第二次大戦末期,ナチス・ドイツは,ソ連軍の侵攻迫る東プロイセンから,バルト海を経由して住民を避難させる〈ハンニバル作戦〉を敢行した.豪華客船,ヴィルヘルム・グストロフ号も一万以上の避難民をのせて出航したが,ソ連の潜水艦によって撃沈され…….海運史上最大の惨事を,四人の若者の視点で描く歴史フィクション.
凍てつく海のむこうに

作者あとがき
日本の読者のみなさんへ
訳者あとがき
訳者:野沢佳織(のざわ かおり)
東京都生まれ.翻訳家.訳書に『灰色の地平線のかなたに』のほか,シュヴァリエ『林檎の木から,遠くはなれて』(柏書房),バーネット『秘密の花園』(西村書店),ウェストール『遠い日の呼び声』(徳間書店)『水深五尋』(共訳)など.凍
ページトップへ戻る